gaYa広告

2012年11月15日

ギリシャの抗議者はドイツの外交官にコーヒーを浴びせた。

BBC Newsは、ギリシャの第2の都市テッサロニキの抗議者(Protesters in Greece's second city, Thessaloniki)は、ベルリンによって主張された緊縮政策以上の憤慨の中で、ドイツの外交官にコーヒーを浴びせたと報告した。

ギリシャとドイツの都市の市長が会う予定だった会議センターに、彼は侵入した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

外交官がけがをしていたなら、それは直ちに知られていなかった。

水曜日に、アンゲラ・メルケル独首相の使節(envoy of German Chancellor Angela Merkel)は、3人のギリシャの会議スタッフが、一人のドイツの仕事をするために必要だったと言った。

ドイツの労働党大臣代理のハンス=ヨアヒム・フックテル(German Deputy Labour Minister Hans-Joachim Fuchtel)が「研究は、ドイツで1,000人ずつ行なわれた地方行政の仕事に、ギリシャで3,000人の従業員が必要なことを示します。」と言った。

これは、ギリシャの政府関係者と地方自治体のオペレーションを合理化するために、ハンス=ヨアヒム・フックテルに課された。

彼はテッサロニキを訪れていたが、使節自身はコーヒーの事件でターゲットとされたと考えられない。

抗議者は「ナチ党、出て行け」と歌い、また、それらが会議に出席している代表を防ごうとしたとともに、
「これは通過しません。」
「この人々は私たちを助けるのではなく私たちの死刑宣告を発表するためにここに来ました。」
と木曜の抗議にいたギリシャの市の労働組合のリーダーであるテミス・バラソポウロス(Themis Balasopoulos, leader of Greece's municipal workers' union, who was at Thursday's protest)が言った。

アテネへのアンゲラ・メルケル独首相による先月の訪問は、街頭抗議を引き寄せた。

EUの最も大きな経済として、ドイツはギリシャ上に債務救済決定の中に重要な発言権を持っている。

債務救済決定の中に重要な発言権を持っているドイツにとって、公務員の甘えだけは、許せない。
これは、日本にも言えることだろう。

虎ノ門で、働いている人の何人かも、確かに無駄である。

問題は、ドイツが助けないとギリシャは国家倒産する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。