on-the-time.jp

2012年11月03日

パラグアイ独裁者アルフレード・ストロエスネルの遺体。

BBC Newsは、パラグアイの活動家および元政治犯は、元軍事支配者独裁将軍アルフレード・ストロエスネル(ruler Gen Alfredo Stroessner)の遺体を本国へ送還する提案に対して、デモンストレーションを行なッたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

将軍アルフレード・ストロエスネルは、2006年に追放され、ブラジルで死んで埋葬された。

彼の遺族は2012年11月03日に、彼の誕生百周年に先立って、彼の遺体を本国へ送還したかった。

2008年には、真実調査で、400人以上が彼の35年の政権中に処刑されたか行方不明になったと言った。

その調査委員会は、さらに約20,000が彼の政権中に拘束されたことを知った。

別の将軍アンドレ・ロドリゲス(Andres Rodriguez)によって行なわれた1989年の大成功で退けられた後、独裁将軍ストロエスネルはブラジリアに避難した。

彼の孫のうちの1人で、アルフレードと呼ばれる上院議員は、ストロエスネル将軍の遺体を彼の出生国で埋葬するために、努力を続けているといった。

彼は、「明らかに、彼は11月3日までにここにいないでしょう。しかし、すぐに、全体のストロエスネル・ファミリーはパラグアイで一緒になるでしょう」と言った。

しかし、その計画は、人権活動家、および将軍ストロエスネル政権の下でターゲットとされたものから猛烈な批判を招いた。

何百もの人々が首都アスンシオン(Asuncion)で抗議デモ行進に参加した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。