gaYa広告

2012年11月03日

日本原子力安全チームは、ユーティリティ金を受け取っている。

AP通信は、日本政府チーム・メンバーは、昨年の津波で起きた核災害の結果として専門家の中立に関する問題を提起して、公益事業会社あるいは原子力産業メーカーから提供された資金を受け取り、リアクター安全対策をセットするために割り当てたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

原子力規制委員会(Nuclear Regulation Authority)は、名古屋大学山本章夫教授(Nagoya University Professor Akio Yamamoto)が、リアクターについての研究のために過去3年にわたって2714万円を受け取ったと金曜日に言った。

それは、東京電力社の子会社で、昨年、炉心溶解した福島第一プラントを実行するユーティリティから628万円を含んでいた。

原子力規制権威は、他に6メンバーの標準チームの3人が、産業資金調達を受け取ったと金曜日に言った。

そのようなお金を得ることは不法ではない。
しかし、産業がより緩い標準から利益を得るので、それは疑問が残るチームでの中立を呼ぶことができた。

その委員会は、透明を押し上げるために補助金と寄付金を含めて、任意にそのような資金調達を示してくれるようにチーム・メンバーに依頼した。

大阪大学山口彰教授(Akira Yamaguchi, a professor at Osaka University)は三菱重工業から300万円を含む、そのような金銭の中で1000万円を得た。
彼は原子力発電所を作った。

以前に、調整機関は、産業を促進するのと同じ省にあった。

原子力規制委員会は、より独立した監視の要請および原子力に対する大きく頻繁な公の抗議の後に、今年セット・アップされた。

東京新聞新聞は、そのような資金調達が「ユーティリティの希望手段を反映するのに骨抜きになるかもしれないという危険がある。」と土曜日に報告した。

原子力規制委員会の委員長田中俊一(Shunichi Tanaka)さえ、恐らくあまりにも核の専門家として火の下にいた。

彼は、仕事のために軽く打たれる前に、技術上の核エネルギーに率いられた政府研究を促進する政府陪審団の主要メンバーであった。

別々に、委員会の下で働く別の専門家チームは、関西電力大飯原子力発電所で地震断層を検査している。
それは、日本で走る2つの数少ないリアクターを収容した。

その決定は日曜日に、飯原子力発電所がシャット・ダウンされるだろうかどうかについて期待されている。

通常査察のために別れた後、日本の50の原子炉は、福島第一で荒廃した4つに加えて、再度稼働していない。

国家が原子力なしで行ったわずか2か月後、2つは関西電力大飯原子力発電所は7月に戻った。

福島災害の前に、原子力は、日本の電気の約30%を供給した。

災害を監視する元大臣で、与党議員細野豪志(Ruling party legislator Goshi Hosono, the former minister overseeing the disaster)は、欠点を調べるためにより多くのテストが必要かもしれないと土曜日に言った。

しかし、不確実性の「グレイゾーン」さえ、恐らく関西電力大飯原子力発電所リアクターがオフラインになるだろうということを意味する。

日本は、太陽および風力発電のような再生可能エネルギーを開発すると約束している。
しかし、変更は時間かかる。

原子力発電なしで、日本の産業はささえきれないだろう。

ただし、多くの無駄金の流用で骨抜きになった査察など、癒着は危険すぎる。
私が知っている中だけでも、まで原子力発電推進派に、無駄な金が東京電力から支払われている。

原子力規制委員会も骨抜きであった。

ここで明らかになった教授は、懲戒免職にすべきだろう。
教授という仕事は、責任がある。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告