gaYa広告

2013年01月14日

キューバは、不評の外国旅行のための出国許可を終了。自由に!

BBC Newsは2012年10月16日に、キューバは市民が外国へ旅行する前に出国許可(exit permits)を得る必要性を削除していると発表したと報告した。

キューバの国営メディアは、2013年01月14日に有効にするために、現在と将来の状況を反映する動きで、移住法を「更新するだろう」と言っている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

キューバ人は、許可を得るために長く高価なプロセスを現在経らなければならず、反体制派はしばしば許可が与えられない、と特派員が言っている。

その動きはラウル・カストロ大統領(President Raul Castro)の一連の改革で最新のことになる。

海外に出稼ぎに行き、金を持ち帰る頃で、金融経済制裁を打開する!

島に永住権を持っているキューバ人も、「current 11」の代わりに、書類事務を更新するために帰国することなく、外国で最高24か月までとどまることが認められる。

BBCの特派員サラ・ラインフォルド(Sarah Rainsford)はハバナから、出国許可プロセスがほとんどのキューバ人によって嫌われ、したがって、この改革)が広く歓迎されることが予測されるだろう、と言った。

2012-07-21---キューバ出国は、困難なタスク!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。