gaYa広告

2012年10月13日

アップル、時計の著作権侵害問題を解決。

Cellular-Newsは、SBB(Swiss Federal Railways/スイスの連邦鉄道)とアップルは、iPadsとiPhoneのようデバイス上にSBBのステーション時計の使用について合意に達したと報告した。

アップルは、鉄道から最初にライセンスを守ることなしで、iOS 6ソフトウェアでデザインをコピーした。
しかし、それは彼らが著作権を所有していた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

アップル・デバイス上のclockfaceの使用について、両者は、アップルがライセンス協定の下のSBBステーション時計を使用することを可能にする協定を締結した。

当事者は、ライセンス契約書のライセンス料およびそれ以上の詳細は、機密のままであることに合意した。

SBBステーション時計(SBB station clock)は、エンジニアでデザイナーのハンス・ヒルファイカー(Hans Hilfiker)によって1944年に会社のためにデザインされた。

clockfaceの特徴は、鉄道ガードマンの信号するディスクの形で、その著しい赤い秒針である。

そう言えば、この時計はスイスでよく見たな〜

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト