on-the-time.jp

2012年10月13日

列車の「硬座席」から見られた中国の変化?

BBC Newsは、安いレール・チケットで旅行することは、その国の下腹部のスナップ写真を提供すると報告した。

中国のような国で、それをすることは、26年の間隔で国の急速現像の魅惑的なスナップ写真を提供している。

列車で直立した16時間の現職のボルトは、国がどれくらい変更したかに反射するためにあなたに時間ビットの与える。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

BBCの特派員アングス・フォスター(Angus Foster )は、中国の主要な北京の切符売場へ到着し、キューがすぐ近くにくねっているのを見つけた時、それは誤り始めた。

それは秋たけなわ連休への先駆けであった。
また、都市の半分は離れた故郷に向かって進み始めていた。

アングス・フォスターが徹夜の旅行で南の武漢市(Wuhan)へのチケットを求めた時、若い販売少女は愚弄を鼻を鳴らした。

チケットは次の3日間売り切れであった。
彼女はあたかも挑戦を投げ下ろすかのように見上げ、「Ying zuo(硬座席)」と言った。

つまり、最も基礎的で最も安い4等車なら、チケットがあるといった。
アングス・フォスターが学生として1986年に最初に旅行した時、それは中国の農民へ始められることに似ていた。

鶏とヤギは荷物棚から上下逆さまにひっくり返っていた。

べての骨の折れる木製の座席および立ち席、パックされたより多くの人々だった。
よじ登って、バッグおよび束ねられた子どもを後ろに引いて、ウィンドウを開ける。
各車両の端は、安いたばこの煙によって目に見えない。

さあ、中国に行ったら、最も基礎的で最も安い4等車「Ying zuo(硬座席)」で旅行しよう!

私は、インド、パキスタン、エジプト、スリランカで4等車の旅行をした。

インドでは、火縄銃と真っ赤なふんどし、腰に数羽の鳥をぶら下げた裸のインド人が乗ってきた。
一瞬、俺は今どこにいるのか?何時代なのか?と聞きたくなった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト