2012年10月13日

列車の「硬座席」から見られた中国の変化?

BBC Newsは、安いレール・チケットで旅行することは、その国の下腹部のスナップ写真を提供すると報告した。

中国のような国で、それをすることは、26年の間隔で国の急速現像の魅惑的なスナップ写真を提供している。

列車で直立した16時間の現職のボルトは、国がどれくらい変更したかに反射するためにあなたに時間ビットの与える。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

BBCの特派員アングス・フォスター(Angus Foster )は、中国の主要な北京の切符売場へ到着し、キューがすぐ近くにくねっているのを見つけた時、それは誤り始めた。

それは秋たけなわ連休への先駆けであった。
また、都市の半分は離れた故郷に向かって進み始めていた。

アングス・フォスターが徹夜の旅行で南の武漢市(Wuhan)へのチケットを求めた時、若い販売少女は愚弄を鼻を鳴らした。

チケットは次の3日間売り切れであった。
彼女はあたかも挑戦を投げ下ろすかのように見上げ、「Ying zuo(硬座席)」と言った。

つまり、最も基礎的で最も安い4等車なら、チケットがあるといった。
アングス・フォスターが学生として1986年に最初に旅行した時、それは中国の農民へ始められることに似ていた。

鶏とヤギは荷物棚から上下逆さまにひっくり返っていた。

べての骨の折れる木製の座席および立ち席、パックされたより多くの人々だった。
よじ登って、バッグおよび束ねられた子どもを後ろに引いて、ウィンドウを開ける。
各車両の端は、安いたばこの煙によって目に見えない。

さあ、中国に行ったら、最も基礎的で最も安い4等車「Ying zuo(硬座席)」で旅行しよう!

私は、インド、パキスタン、エジプト、スリランカで4等車の旅行をした。

インドでは、火縄銃と真っ赤なふんどし、腰に数羽の鳥をぶら下げた裸のインド人が乗ってきた。
一瞬、俺は今どこにいるのか?何時代なのか?と聞きたくなった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告