on-the-time.jp

2012年10月02日

読者によって保持されたドイツの新聞。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、課金の壁を採用すべきか、採用すべきでないか、メディアを悩ます質問であったと報告した。

その心は、読者が顧客かどうかに関する討論であり、あるいは製品が、広告主に売られるためにベルリンに本拠がある新聞Tageszeitungでは、違った風で味わったと報告した。

それは、読者の所有物であると言うことであった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

愛称で「Taz」と呼ばれる新聞は、12,000人の読者協同組合によって所有されている。
「Taz」は公民権が保守本流メディアによって剥奪された西ドイツ人によって1979年に設立された。

また、それは左翼紙であった。

その読者の半分は、「緑の党(Green)」に投票する。

何年も、「Taz」は60,000部印刷され、州パンフレットとして資金提供されてきた。

しかし、1989年のウォールの下落で、補助金の低下が来た。
また、1992年までに、新聞は破産に直面した。

ゲノッセンシャフト(Genossenschaft/協同組合/co-operative: a group)を開始した。

新聞の独立性、あるいはその能力を評価した、関係のある読者のグループが、「自分たちの経済体制の傷に、その指を入れる」ためにそれを持った。

グループは新聞にその貯蓄を投資した。
また、新聞はそれ自体保存された。

20年間、協同組合の金庫には1100万ユーロを含んでいる。

マードックは、
誰でも500ユーロほどを投資することができる。
また、誰でもそれらの株にかかわらず、等しい発言権を得る。
と言っていたが、そうではなかった。

新聞の日常業務に影響を及ぼさない場合がある。
しかし、それらはAGMで政策を提案することができる。

最近の会は、フリーランス料金(はい)を上げて、核エネルギー(ない)のための広告を禁止するべきであるかどうか議論した。

平等主義のアプローチは140強のニュースルームまでに及んだ。

新聞が、上から目線で記事を各時代は終わった。

昔から、この新聞には非常に興味があり、歴史なども読んだことがある。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告