2012年10月02日

インドの活動家アービンド・ケジュリワルは反腐敗党を始めた!

BBC Newsは、インドの主要な運動家は、政府の腐敗と戦うために反腐敗党(anti-corruption party)の設立を発表したと報告した。

アービンド・ケジュリワル(Arvind Kejriwal)は、彼の党が「収賄」文化と戦い、2014年に予定されている次の総選挙に立候補することを誓約した、と言った。

党の創設はインドがマハトマ・ガンジーの誕生記念日(Mahatma Gandhi's birth anniversary)を祝っている日に起こった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

先月、反腐敗運動家アンナ・ハザレ(anti-corruption campaigner Anna Hazare)は政界に入る計画で、アービンド・ケジュリワルと別の道を行くことにした。

アンナ・ハザレは、政治は「汚れでいっぱいである。」それより「神聖な動揺」を好むと言った。

アービンド・ケジュリワルは、彼のグループにひびが入ったにもかかわらず「アンナ・ハザレの祝福を求め続けるだろう。」と言った。

アービンド・ケジュリワルは2012年10月02日火曜日に、首都デリー(Delhi)で党の着手で支持者に、
「国は売られています。また、党はみな有罪です。」
「私たちはシステムをきれいにする必要があります」と伝えた。
「これは私の党ではありません。これはこの国の人々の党です。」
「私は、私たちが勝つか失敗するだろうかどうか知りません。しかし、私が今戦わなければ、子どもたちは機会を浪費したことで私を非難するでしょう。」と彼が言った。

アービンド・ケジュリワルは、11月26日に党の正式な名前を発表するだろうと言った。

特派員は、過去数か月に明るみに出たいくつかの注目の裏取引スキャンダルに対する公の怒りを新しい党が利用するつもりであると言った。

アービンド・ケジュリワルは、腐敗と戦うソーシャル・ワークとイニシアチブで、2006年にラモン・マグサイサイ賞(Ramon Magsaysay award in 2006)を受賞した官僚出身者である。

44歳の活動家は2年前に、厳しい反腐敗法則に関してもたらすべき政府に、圧力をかけることを目指した「腐敗に対するインド(India Against Corruption)」と呼ばれるグループをセット・アップした。

アンナ・ハザレは、一連のハンストおよび抗議によってムーブメントをリードした。

2人の運動家は火曜の発表に先立ってデリーで会った。

2012-09-12---インドのインドの風刺漫画家アセム・トリベディ釈放!
2012-09-10---インドの風刺漫画家アセム・トリベディの逮捕は憤慨を招いた。
2012-08-13---ババ・ラムデブによるインドの反腐敗デモは警察によって阻止された。
2012-01-02---インドの活動家病院で、断食から回復!
2011-12-28---インド反腐敗法は、調合され、下院で通過。
2011-11-24---ボリウッドのベテラン俳優が、インド議会に謝罪の手紙を出した。
2011-08-28---インドの運動員アンナ・ハザーは、ハンストを終わらせた。
2011-06-14---インドの反汚職ハンスト活動家が死去した。
2011-06-02---インド・ヨーガのグルがハンスト!

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。