gaYa広告

2012年09月13日

オンライン大人の半分以上は絵とビデオを挿入。

Web Pro Newsは、Pew Researchからの情報として、写真とビデオが「重要な社会通貨」になったと言っていると報告した。

また、それらは、それをバックアップするためにいくつかの新しい図を持っていた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

Internet & American Life Projectの最近の報告書によって、大人インターネット・ユーザーの56%は、オンラインで写真あるいはビデオをポストしていた。
それはFacebook、Pinterest、Twitterおよび、Instagramのようなネットワークと視覚的に対話することを意味した。

Pew Researchは、これらのメディア分配者をクリエイター(Creators/創造者)とキュレーター(Curators/学芸員)の2つのカテゴリーに分割した。

クリエイターは、それらが自らとった写真およびビデオを共有する人々であった。

それらは、インターネット・ユーザーの45%がソーシャル・ネットワークへの自分の写真を記入し、その一方で18%が自分のビデオを記入していることが判った。

キュレーターは、それらがオンラインであると分かった写真およびビデオを共有するが、それら自身の写真を生産しなかった人々であった。

報告書によって、インターネット・ユーザーで、写真はキュレーターの35%、ビデオはキュレーターの25%であった。

報告書の共同執筆者でPew Researchインターネットのジョアンナ・ブレンナー(Joanna Brenner)が、「インターネットは常に創造者と学芸員のためのプラットフォームでした。」と言っている。

「さて、ソーシャルメディア・サービスが成長し続け、拡大し続けるとともに、ツールはより視覚的でよりソーシャルです。また、それは、初期採用者の特別の聴衆を集めているように見えます。」と言っている。

真実のコンテンツ分配者、両方が作成するものおよびキュレーターは、オンライン成人人口(32%)のおよそ3分の1であった。

これで判るように、クリエイター・タイプが3分の2で、彼らは身内または、身の近くで起こった話をやたら配信している。

キュレーター・タイプは、個人より公共性を重視している。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。