2012年09月13日

オンライン大人の半分以上は絵とビデオを挿入。

Web Pro Newsは、Pew Researchからの情報として、写真とビデオが「重要な社会通貨」になったと言っていると報告した。

また、それらは、それをバックアップするためにいくつかの新しい図を持っていた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

Internet & American Life Projectの最近の報告書によって、大人インターネット・ユーザーの56%は、オンラインで写真あるいはビデオをポストしていた。
それはFacebook、Pinterest、Twitterおよび、Instagramのようなネットワークと視覚的に対話することを意味した。

Pew Researchは、これらのメディア分配者をクリエイター(Creators/創造者)とキュレーター(Curators/学芸員)の2つのカテゴリーに分割した。

クリエイターは、それらが自らとった写真およびビデオを共有する人々であった。

それらは、インターネット・ユーザーの45%がソーシャル・ネットワークへの自分の写真を記入し、その一方で18%が自分のビデオを記入していることが判った。

キュレーターは、それらがオンラインであると分かった写真およびビデオを共有するが、それら自身の写真を生産しなかった人々であった。

報告書によって、インターネット・ユーザーで、写真はキュレーターの35%、ビデオはキュレーターの25%であった。

報告書の共同執筆者でPew Researchインターネットのジョアンナ・ブレンナー(Joanna Brenner)が、「インターネットは常に創造者と学芸員のためのプラットフォームでした。」と言っている。

「さて、ソーシャルメディア・サービスが成長し続け、拡大し続けるとともに、ツールはより視覚的でよりソーシャルです。また、それは、初期採用者の特別の聴衆を集めているように見えます。」と言っている。

真実のコンテンツ分配者、両方が作成するものおよびキュレーターは、オンライン成人人口(32%)のおよそ3分の1であった。

これで判るように、クリエイター・タイプが3分の2で、彼らは身内または、身の近くで起こった話をやたら配信している。

キュレーター・タイプは、個人より公共性を重視している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。