2012年09月13日

著作権近代化に向けて、EBUが活動している。

ABU(Asia Pacific Broadcasting Union)は、大いに必要な著作権近代化への第一歩として、欧州議会(European Parliament)が、著作権者不明の作品など、EBU(European Broadcasting Union/欧州放送連盟)の報告書上のディレクティブ採用への段階にあると報告した。

著作権者不明の作品は、写真、本、音楽あるいはフィルムのような創作作品で見つけることができる。
その権利所有者は識別されないか見つけることができない。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

立法案は、作品の孤児ステータス決定への共通アプローチを定義し、ユーザーがそれらの公益使命と関係する目的のためにそれをヨーロッパの至る所で利用可能にする。

EBUは、作品のデジタル化および普及を促進する適切な法的枠組みが、ヨーロッパの創造性経済用キーであると規定している間、ディレクティブが単に少数の非常に特定の状況を解決すると言った。

EBUによれば、誘導のものは価値のあるテレビおよびラジオ・アーカイブの資料を許可するために純粋な解決策を提供することを思いとどまった。

多くの実際的処置は、デジタル環境中のプログラムの送信用技術中立免許制、キャスターの境界を横切ったオンライン・サービス用の法的な確実性と全国権利運営方法の境界を越えた認識のようなヨーロッパの創造性経済を促進するためにまだ必要である。

EBUは、アカウントの中へで、キャスターの比放射をとるオンライン権利の許可解決策を待っている。

EBUは、ヨーロッパ機関の決定が、デジタル経済に著作権を適応させることのさらなる解決策を見つけることを集合的な権利管理上のディレクティブのための最近公表され、提案、および視聴覚著作物のオンライン配信中のGreen Paperの続きが示すと考えている。

一番問題なのは、創作していない個人、団体、組織が利権として著作権を求めることである。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。