2012年09月14日

米国の主要なモバイルペンイメントは、遅れた!

モバイル・マネー銀行

Cellular-Newsは、ベライゾン・ワイヤレス(Verizon Wireless)とAT&TおよびTモバイル・アメリカ(T-Mobile USA)の合弁事業Isisは、予定されたスタート実験を遅らせていると言った。

その最初の試みの開始は、計画上来月、更新する。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

彼らは、テキサス州オースティン(Austin, Texas)およびユタ州ソルトレークシティー(Salt Lake City, Utah)で最初の試みを始めることを計画していた。

遅れにもかかわらず、Isisは、銀行と小売り業者を含むそのパートナーがプロジェクトを委ねられると言った。

サービスは標準NFCに基づく、ただし、アップルのiPhone 5はNFCを登載しなかった。

NFCに基づいた非接触ペイメント、また、連続2年間、そのスマートフォンの中へのNFCの支援を加えることをアップルが断わっていたのは驚きであった。

しかし、アメリカで最大のスマートフォン会社Samung、アンドロイドのスマートフォンはNFCのを支持している。
また、SIMカードをNFC有能なカードに取り替える可能性がさらにある。

iPhone 5の中で使用されるnano-SIMは恐らくNFCを支援しない。

遅れは、それ自身NFC装置問題によらないと言われているが、しかしパートナーのそのような多数を同時に開始させる際の困難さによると言っている。

ただし、冷静に考えると、現状のまま進むと、ワンウェイのモバイルペンイメントは、これまでのクレジットカードの代替案であり、それ以上先のモバイル・バンキングやモバイル・マネーまで視野が開けているとは考えられないと言うことであるかもしれない。

ワンウェイのモバイルペンイメントがクレジットカードの代替案であるなら、クレジットカードで十分であり、携帯電話に移行させる意味がそれほど無い。

利益も参加企業が増えた分、減るだけである。

2012-09-12---iPhone 5、LTE対応で激震が走った。
2012-08-20---米国のモバイルペンイメント・ベンチャーが、トライアルを立ち上げた。
2012-05-15---「Isis Mobile Wallet」が、オースティンとソルトレークシティーで利用可能。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト