on-the-time.jp

2012年09月14日

矛盾とブーム-バーストは、人間の迅速な発展を説明する。

超過去

BBC Newsは、何が過去200万年にわたって人間の血統の中で発展した非常に速い進化について説明できるかと報告した。

主要な人間の起源研究者は、グループと、新しい環境への私たちの普及を強調した景気の波の間で、攻撃を含んで、新しい考えを思いついたと報告した。

ニューヨークのAMNH(American Museum of Natural History/アメリカ自然史博物館)の教授イアン・テーターサル(Prof Ian Tatersall)は、人類に結びついて加速された発展と競争する例がほとんどないと言った。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

彼は今年のジブラルタルのカルペ会義(Calpe conference in Gibraltar)で、イアン・テーターサルは、
「あなたがどのようにそれをスライスしても、この[人類]内の発展は確かに非常に迅速でした。」
「私は、私たちの種ヒトおよびその祖先がこの非常にきつい時間枠の中で文書化された他のどの哺乳類グループよりはるかに速く一層になったと言うことは公平であると思います。」

加速された発展のこの現象は、「tachytely」として知られている。

私たちの先祖の間で、脳サイズは200万および100万年前に2倍になった。
その後、それは、100万年と現代の間にほとんど再び2倍になった。

脳サイズの増加に加えて、歯と顔のサイズの縮小が、頭脳の他の変化と共に起こった。
脳サイズの増加は、直線形状、ロングレッグ、比較的狭い腰が特徴だった現代の体格と一致したように見える。

これらの特徴は、既に約200万年前に生きてたケニアから「Turkana少年」の骨格で見ることができる。

エチオピアで約100万年前に住んでいました「Turkana少年」の先行のアウストラロピテクス・アファレンシス(Australopithecus afarensis)の「ルーシー(Lucy)」のショート・レッグと長い腕と好対照をなした。

そのような速い変更は類人猿中に見られない。また、教授イアン・テーターサルが動きの重要性を認めている一方、私たちの先祖は木住居から作った、私たちの霊長動物いとこに影響していないものが、土地に居住する生活で、観察されるものについて説明するのには十分でないと言っている。

「明白に木の依存の決定的な放棄。最も根本的なもののうちの1つがまさにその第1のテトラポッドが水から、および大地上へそれ自体を上げたので、任意の脊椎動物によってかつて作られた適応地帯の中で変わるとともに数えなければなりません。」と彼は言った。

「自然な条件の下では、それほど一貫してヒト科による新しいecozoneの最初の侵入が、私たちが回りに話している長い期間にわたる迅速な変化をどのように運転することができたか確かめるのは非常に難しい。」

人間の文化が恐らく私たちが森林を去った後、その何人かの他の研究者が提案していない、私たちの血統の変化の持続的な速いペースを運転した特別の一貫して現在の成分である方法と教授イアン・テーターサルは、言った。

ある進化心理学者は、文化および脳の複雑さが人間の中のより大きな絶頂上へ互いに拍車をかけたモデルを通俗化した。

しかし教授イアン・テーターサルは、私たちの技術は発作的に変形した、その方法と共に、これらの変更は、生物進化からしばしば分けられ、この考えを意味した、よい適合ではなかったと言った。

過去の小さく、別個の人間グループ間の攻撃は、そのような変更の主な残る代理人のうちの1人である、と彼が言っている。

「グループ間矛盾は、確かにそのようなものにプレミアムを置いていたでしょう、計画するとして神経の機能および投げることに相互に関連する。」と教授イアン・テーターサルは説明した。

「私たちがグループ内の知能を増加させるために選択的な代理人としてグループ中の矛盾をなんとかして関係させることができたならば、これはヒト属内のいくつかの異なる血統で私たちが見る脳サイズのそうでなければ全く神秘的にする独立した増加について説明するかもしれません。」
そのような矛盾を捕食の形式と見なしていることができるかもしれない。

また、捕食は、それによって捕獲と捕食動物が自己を強化する方法でより速いかより巧妙になる「レッド女王」仮説の典型例と見なされる。

確かに、希薄な化石記録からのそのような矛盾のヒントがある。

今月、Journal of Human Evolution(人間の発展のジャーナル)の中で公表された論文は、北スペインの古代の人間が人々の別団に対する補食性の人食いに従事していることを示唆した。

Intergroup cannibalism in the European Early Pleistocene: The range expansion and imbalance of power hypotheses

* Palmira Saladiéa, b, c, Corresponding author contact information, E-mail the corresponding author,
* Rosa Hugueta, b, E-mail the corresponding author,
* Antonio Rodríguez-Hidalgoa, b, d, E-mail the corresponding author,
* Isabel Cáceresa, b, E-mail the corresponding author,
* Montserrat Esteban-Nadala, b, E-mail the corresponding author,
* Juan Luis Arsuagae, f, E-mail the corresponding author,
* José María Bermúdez de Castrog, E-mail the corresponding author,
* Eudald Carbonella, b, h, E-mail the corresponding author

* a IPHES, Institut Català de Paleoecologia Humana i Evolució Social, Unit Associated to CSIC, C/Marcel.lí Domingo s/n-Campus Sescelades URV (Edifici W3), 43007 Tarragona, Spain
* b Área de Prehistoria, Universitat Rovira i Virgili (URV), Avinguda de Catalunya 35, 43002 Tarragona, Spain
* c GQP-CG, Grupo Quaternário e Pré-História do Centro de Geociências (uI&D 73 – FCT), Portugal
* d Equipo Primeros Pobladores de Extremadura, Casa de la Cultura Rodríguez Moñino, Avda. Cervantes s/n., 10003 Cáceres, Spain
* e Departamento de Paleontología, Facultad de Ciencias Geológicas, Universidad Complutense de Madrid, 28040 Madrid, Spain
* f Centro de Investigación (UCM-ISCIII) de Evolución y Comportamiento Humanos, C/Sinesio Delgado 4, Pabellón 14, 28029 Madrid, Spain
* g Centro Nacional de Investigación sobre Evolución Humana (CENIEH), Paseo Sierra de Atapuerca, s/n, 09002 Burgos, Spain
* h Institute of Vertebrate Paleontology and Paleoanthropology of Beijing (IVPP), People's Republic of China

Received 10 January 2012
Accepted 5 July 2012
Available online 31 August 2012

文化は、それらの比較的虚弱な身体がそうでなければ対処することができなかった環境へ、人間が拡大することを衣類、火使用および避難所の構築の形で可能にした。

しかし、文化と技術の両方にはそれらの範囲がある。
また、比較的よい気候条件は人口拡張に賛成していた。

環境条件が悪化した時、これは人為的に拡大した古代の人口母集団の分割を弱くした。

氷河時代または干ばつの攻撃中に、人口母集団は残るために多様化し、小さく分離された人間グループを運転して、収縮していった。
互いとは異なった生物学の特性を開発したと言っている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告