on-the-time.jp

2012年09月14日

スウェーデンは、ヨーロッパでレイプの割合が一番高い!?

性とメディア

BBC Newsは、ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)の逃亡犯罪人引渡事件は、スウェーデンのレイプが比較的高い発生率をスポットライトの下に置いたと報告した。

しかし、そのような統計をどのようにして別の国と比較できるのかという問題が浮上した。

例えば誘拐事件の場合、オーストラリアとカナダを比較すると、国連からの公式数字は、2010年に100,000人当たり、17人のの誘拐がカナダにあり、オーストラリアでは12.7人であった。

それはメキシコで1.1人、コロンビアで0.6人だけであった。

誰が見ても、この数字がおかしいと感じるが、その原因は、誘拐をどう捉えるかと言うことが原因であった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

BBCの番組Newsnightで最近ナオミ・ウルフ(Naomi Wolf)が、スウェーデンは、ヨーロッパで最も高いレイプ率であったと言った。

彼女は、レイプ上にイギリスからスウェーデンへ犯罪人引き渡しと戦っているWikileaks創立者ジュリアン・アサンジの事件で、彼が否定する性的暴力申し立てに関してコメントをした。

スウェーデン警察によれば、2010年に、ヨーロッパで任意の力の攻撃で100,000人の住民当たり約63という最多数を記録した。

それは、世界で2番目に高い。

それは、スウェーデン、米国、イギリス、隣国のノルウェーと単純比較すると、スウェーデンは、米国、イギリスの2倍、ノルウェーと3倍以上高かった。

それはインドと比較すると、100,000人当たり約2つの攻撃を記録し、30倍以上になった。

その数字だけを見たら、スウェーデンはそれほど危険な国なのかと言うことになる。

ストックホルムの犯罪防止のための国立会議の社会学者Klara Selinによれば、それは完全な誤解であった。

彼女は、警察手続きおよび法的な定義が広く変わるので、あなたが国々のレコードを比較することができないと言った。

彼女は、「スウェーデンでは、それを統計において目に見えるようにするために性的暴行のすべての場合を別々に記録するために、この野心が明示的にありました」
「したがって、例えば、女性が警察に来て、彼女が夫または婚約者がほとんど毎日、昨年中に私をレイプしたと言う場合、警察はこれらの出来事の各々を記録しなければなりません。それは300を超える出来事かもしれません。
他の多くの国々では、それはちょうど1つのレコードになるでしょう。1人の犠牲者、1つのタイプの犯罪、1つのレコード。」と言っている。

大事なことは、報告されたレイプの数がスウェーデンで上がっているということであった。
それは、ちょうど過去7年で、ほとんど3倍になった。

2003年には、約2,200件の攻撃が、2010年にはほぼ6,000件になったと、警察によって報告された。

ただし、この間にレイプの範囲が変われば、何の意味もなくなる。

まさに、統計のパラドックスである。

まず、世界統一のレイプという概念を構築する必要がありそうだ。
そう言えば、痴漢も同じような問題を含んでいる。

もし、最初が強引にセックスされ、その後結婚して、生活していたとして、それは毎日レイプだったと言えるのかもしれない。

2012-07-06---マリの戦闘員は、子どもを募集し、性的虐待をしていた。
2012-07-01---児童愛犯罪者は、化学的去勢が合法化された!
2012-06-28---イギリス法廷、イギリス人児童性愛者、犯人引き渡しを拒否!
2012-06-28---ヒューストンのストリップ・クラブは、レイプ調査資金提供で税金を払う!
2012-06-03---コロンビアのボゴタで、レイプと殺人で公正を要求してデモ!
2012-05-27---元中国共産党の職員のレイプ犯、怒りの騒動の後、逮捕!
2012-03-29---ウクライナのレイプ・スキャンダル犠牲Oksana Makarは死んだ!
2012-03-28---アフガニスタンでは、強姦された女性も犯罪者!?
2012-03-17---モロッコで、レイプ婚姻法に対して抗議!
2012-01-23---有罪と判決された元TVタレントの小児愛者、独房で首を吊って自殺!
2012-01-18---ビッグ・ブラザー・ブラジルの生番組でレイプの訴え、競技者が消えた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。