gaYa広告

2012年09月14日

メキシコの「太平洋の女王」は麻薬犯罪を拒絶。

BBC Newsは、太平洋岸に沿ったラテンアメリカからカリフォルニアへの最初の麻薬密輸ルートのうちのいくつかをセット・アップしたことで告訴されたメキシコの女性は、米国法廷で有罪を認めなかったと報告した。

サンドラ・アビラ(Sandra Avila)は、コカイン所有および分配のチャージを与えられなかった「太平洋の女王(Queen of the Pacific/REINA DEL PACIFICO)」として一層よく名高い。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

2007年にメキシコで逮捕されて、彼女は先月、フロリダへ引き渡された。

検察官は、1990年代にシナロア麻薬カルテル(Sinaloa drug cartel)の強化で、その大部分を実施したことで彼女を告訴した。

警察は、麻薬関連の犯罪のためにメキシコで40年の実刑判決に服しているゴッドファーザーとも呼ばれている不名誉な麻薬の売人おじミゲル・エンジェル・フェリックス・ガラルド(Miguel Angel Felix Gallardo)に対して、サンドラ・アビラが密接なつながりを持っていると言った。

さらに、彼女は、コロンビアでメキシコのシナロア麻薬カルテルと今は消滅したコロンビアのノルテ・デル・バレ・カルテル(Norte del Valle cartel in Colombia)の間のアップリンクを構築した疑いをかけられている。

サンドラ・アビラは、衣服を売り、財産を借り、堅く財産を作ったと主張し、すべての悪事を否定した。

2011年2月に、医者が彼女のシワ取り注射薬を与えることを彼女の牢獄へ認められたことが出現した後、彼女がメキシコで拘留されていた刑務所の所長は解雇された。

確固たる証拠はあるのか?

2012-08-10---メキシコの「麻薬女王」サンドラ・アビラは米国へ引き渡された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト