gaYa広告

2012年09月14日

米国ミッションは、反イスラム映画に対する抗議に向けて用意。

BBC Newsは、怒りがイスラムを嘲笑する米国で作られた映画に関して増大するとともに、米国ミッションはイスラム教界中で厳戒態勢を上昇させている。

エジプトの首都カイロ(Egyptian capital, Cairo)では、警察が米国大使館の近くの約500人の抗議者に催涙ガスを発砲した。

治安部隊と抗議者は、さらにイエメンの首都サヌア(Yemeni capital, Sanaa)で衝突した。

火曜日にリビアのベンガジで米国領事を襲撃し、抗議者は大使および他に3人を殺した。

その時以来、不安は中東と北アフリカ全体に広がった。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

サヌアで治安部隊は、米国大使館の近くの抗議者を分散させるために警告射撃と放水砲を発射した。

米国大使館構内が襲撃されたとき、1人は木曜日に殺された。

カイロの抗議者は米国大使館からタハリール広場(Tahrir Square)へ押し戻された。
また、BBCのジョン・レイネ(Jon Leyne)は、都市で、不安がまだ静かに沸いていると言った。

米国大使館のまわりの通りは有刺鉄線、コンクリートおよび警察用車両で閉鎖された。

イスラム教徒グループ、100万都市で他に呼び出しをしたが、金曜日にそれらの呼び出しを取消した。

エジプト大統領ムハンマド・モルシのムスリム同胞団(The Muslim Brotherhood of Egyptian)は、カイロの米国大使館ではなく、それがモスクの前の行進および座り込みを組織するだろうと言った。

ローマでイタリアのリーダーとの会談の後、エジプト大統領ムハンマド・モルシは、外国の外交官を保護する政府の決意を反復した。

さらに、承諾しがたいものとして、彼は映画を非難した。

今週の初めにカイロの米国大使館で激しい衝突に続いて、バラク・オバマ米国大統領(US President Barack Obama)は、現在のエジプトを同盟国であると考えなかったと言った。

オバマ大統は、外国の米国市民を保護するために必要なことすべてを行うと約束し、彼らのセキュリティを保証するように外国政府に要求した。

国連事務局長潘基文(UN Secretary-General Ban Ki-moon)は、映画と暴力を非難した。
「何もそのような殺害および攻撃を正当化しません。」
「憎むべき映画は、偏狭と流血をまくように故意に設計されたように見えます。」と彼は声明で言った。

リビアの新しい首相ムスタファ・アーブー・シャクール(Prime Minister Mustafa Abu Shaqur)は、領事攻撃が米国との関係を損なうことは望まないとBBCに伝えた。

ベンガジ(Benghazi)では、米国およびリビア政府関係者が、重装備した闘士が統合攻撃の口実として抗議を使用した可能性を調査している。

リビア政府関係者は、数人が逮捕されており攻撃をそそのかしたことの容疑で尋問されている、と言った。

大使クリス・スティーヴンズ(Ambassador Chris Stevens)を含めて、死亡したのは、前海軍のティローン・ウッズとグレン・ドハティー(Navy Seals Tyrone Woods and Glen Doherty)、国務省情報管理オフィサーと評されたショーン・スミス(Sean Smith, described as a State Department information management officer)が殺されたと米国国務長官ヒラリー・クリントン(US Secretary of State Hillary Clinton)は、発表した。

首相ムスタファ・アーブー・シャクールは、「犯罪者」に対する攻撃を非難し、映画に対する怒りが暴力を正当化できなかったと言った。

イランのテヘランで米国大使館が襲われたときは、52人の大使館員が人質になったは、殺されなかった。

ベンガジ(Benghazi)で襲撃された場所のGoogle Earthポインター情報
32° 3'40.88"N,20° 4'51.38"E
または、
32.061356, 20.080939

2012-09-14---ローマ法王は、「平和の巡礼者」としてレバノンを訪れた。
2012-09-13---イスラム教徒のイノセンス。米国人に安全な場所はもうない!
2012-09-12---リビアのベンガジで、米国領事攻撃で大使死亡!
1981-01-20---テヘラン米国大使館全員解放。
1979-11-04---学生がテヘランの米国大使館を襲撃した。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告