on-the-time.jp

2012年09月14日

米国を密かに調査する中国のHuaweiとZTE。

BBC Newsは、中国の通信事業者HuaweiとZTEが、スパイ行為をすることを支援するためにコードでそれらの設備のうちのいくらかがインストールされたという米国非難を否定したと報告した。

それらは、中国へ機密情報を中継するためにこれらのコードを使用したことで非難された。

中国政府とのそれらの関係に対する懸念から、米国で軍事、会社の展開図を傷つけた。

2つはテレコムのネットワークの設備は、世界で最も大きなメーカーの一人である。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

Huaweiの上級副社長チャールズ・ディン(Charles Ding, senior vice-president of Huawei)は米国の前の議員とのヒアリング中に、「Huaweiは、少しの第三者、政府またはその反対のためにも、そのようなことはしませんでした。そして、我々の世界的な商業的な成功も我々の顧客のネットワークの完全性も危険にさらしません。」と言った。

米国議員委員会は、それらのオペレーションの持続的な調査についての部分として、2つの会社の取締役に質問した。

委員会の議長マイク・ロジャーズ(The committee's chairman, Mike Rogers)は、主張されたスパイ活動中の2つの会社によって果たされた役割に対する懸念があったと言った。

「私たちは、両社によって売られた設備から裏口あるいは説明されなく指針となることに関する報告を聞きました」と彼が言った。

指針となることは、自己修復ネットワーク問題へ、ネットワークを許可するプロセスであった。

しかし、ZTEのチュー・ジンユン(Zhu Jinyun)は、会社の設備が機能した方法において不吉なものは何もなかったと言って、これらの非難を否定した。

「それらが裏口と呼んでいるものは実際にソフトウェア・バグです。」と彼がそのような異常がセクターの共通の発生だったと付け加えて言った。

その間に、両方の会社は、会社のパネルが彼らが以前するのを辞退した、会社の共産党委員のリストを供給することに合意した。

ただし、BBC Newsは2012年09月13日に、マイクロソフトの研究が、いくつかの新しいコンピューターは工場でインストールされたマルウェアを運ぶと分かったと報告した。

つまり、パソコンに中国の工場でインストールされたマルウェアがあり、ネットワークに細工が施されると、どうなるのか?

マイクロソフトのデジタル犯罪ユニットで弁護士リチャード・ボスコヴィッチ(Richard Boscovich, a lawyer in Microsoft's digital crimes unit)は、
「私たちは、マルウェアが感染したコンピュータのマイクロホンおよびビデオカメラを遠隔につけることができるのを見つけました。潜在的にサイバー犯罪者を与えることは犠牲者のホームかビジネスへ注視し、出穂します。」と言っている。

そう言えば、ソフトバンクは、中国にネットワーク構築を依頼している。

2012-09-13---マルウェアは、中国のPC生産ライン上で挿入された!
2012-04-17---ソフトバンク・モバイル、LTE配備契約の第2段は日本で最大!
2011-03-03---中国は4Gモバイルネットワークを商業化準備!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告