on-the-time.jp

2012年09月14日

ロンドン流行ウィーク---イギリスが変更した5大流行。

ファッション

BBC Newsは2012年09月13日に、イギリスがファッション産業の最も重要なプレーヤーのうちの1つとして認められた「ロンドン流行ウィーク(London Fashion Week)」が2012年09月14日に始まると報告した。

しかし、さらに、それは、必ずしも誰もが知るとは限らない方法で流行を変更したと言っている。

イギリスのキャピタルが世界で最もスマートな都市と認められたわずか数日後、「ロンドン流行ウィーク」は、米国に基づいたGlobal Language Monitorによる55のグローバルシティの第9回年間ランキングの中で、ニューヨーク、パリおよびミラノのようなものを打ってスタートしようとしている。

ここに、イギリスがプライマーク(Primark)からレディー・ガガ(Lady Gaga)まですべてへの道を開いた、あまり知られていない方法のうちのいくつかを紹介している。

それは同時に、ファッションの歴史であった。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

まず最初に、1838年にロンドンで生まれたイギリスの化学者ウィリアム・ヘンリー・パーキン(William Henry Perkin)が、はるかに明るい場所に、世界を変えた。

彼は18歳の時に、マラリアの治療に使用されるキニーネを合成しようとし始めた。
その研究は失敗したが、彼は代わりに、さらに、藤色として知られて、紫の合成染料アニリンを考え出した。

彼の偶然の発見は、最初の大量生産された人工染料(artificial dye)に帰着した。
彼はそれをmauve(紅紫染料)と命名した。

工場で昆虫または植物ではなく化学薬品から色を作ることができたという事実は、意外な新事実だったと、紅紫染料の著者サイモン・ガーフィールド(Simon Garfield, author of Mauve)は、パーキンの生活および仕事を詳述する中で言っている。

「それは驚くべき突破口でした。以前に、単に地中海の甲殻類からこの陰を得ることができたので、これは本当に価値のあるものでした。また、夜会服を作ることは、それらの恐ろしい多くを必要としました。すぐに、ドイツの染物師は、色の虹を生産する方法を学習しました。」と言っている。

彼は、迅速に発見の商用可能性を実現した。

1857年には、彼が特許を得ました、また紫のアニリンを製造するビジネスをセット・アップした。
紅紫染料はファッション産業を爆発させた。
また、パーキンは人工染料の定評あるエキスパートになった。
さらに、マラリアの治療に使用されるキニーネの開発に失敗した彼は、非常に裕福な人になった。

次ぎに、オートクチュールはパリが発祥の地だと考えられているが、フランス人にそれを教えたのはイギリス人であったと報告した。

リンカンシア(Lincolnshire)で生まれのチャールズ・フレデリック・ヴォルト(Charles Frederick Worth)は「オートクチュールの父親(father of haute couture)」と広く見なされている。

ボーンで1825年に生まれた彼は、1845年にパリへ移転する前にイギリスで働いていた。

有名なパリ市民として服地屋を始めて、彼は、結局会社のための洋裁部を設立した。
彼の成功は、1858年に「House of Worth」呼ばれたファッション・ハウスを開いた。

高価な材料のエキスパートの取り付けで使用で知られ、彼は、最初の高級ブランドと服を着た有名人を作った。

彼のは、ファッションショーでデザインを披露し始める最初のファッション・ハウスのうちの1つであった。

彼は年に数回にそれを行った。
さらに、彼は、彼のデザインにラベルを付けて、かつ芳香まで彼の名前を延長し、最初のデザイナーとして、広く信用された。

そのような高級ブランドは、£700億の価値があると推測された地球規模産業になった。

「House Of Worth」は、1956年にそのクチュール・オペレーションをシャット・ダウンし、芳香ラインに専念した。

そして、ラッパーのニッキー・ミナジ(Nicki Minaj)のような人には、レディ・ルーシー・ダフゴードン(Lady Lucy Duff-Gordon)にもの凄く感謝すると報告した。

ルシール(Lucile)として知られている彼女は、流行の中で個人主義を擁護する最初の人々のうちの1人であった。

1863年にロンドンで生まれた彼女は、根本的な用品を備えた社会に衝撃を与えて、19世紀後半および20世紀前半に主要な特にランジェリーのファッション・デザイナーになった。

彼女も、専門のファッション・モデルおよび段階狭い通路スタイル・ショーを訓練する、最初のデザイナーの中にいた。

House of Lucileは、パリ、ニューヨーク、シカゴおよびロンドンのブティックと共に、最初のグローバルなファッション・ブランドのうちの1つになった。

さらに、ジェニー紡績機(The spinning jenny)の産業革命への貢献は十分立証されたと言っている。
それは、助走をつけたシャトルのような発明に加えて、大量生産および工場を動かすことへの道を開いた。

しかし、それを発明したランカシャーの綿織り手は良く知られている名前ではありません。

ジェニー紡績機は1764年頃にジェームズ・ハーグリーヴス(James Hargreaves)によって創設された。

彼は720年にオズワルトウイスル(Oswaldtwistle)で生まれて、大工と織り手として働いていた。

彼は学校には行けず、読み書きもできなかった。
彼は、直ちに多くの糸を回すことができる紡ぎ車についての考え出した。

彼の発明ジェニー紡績機は、彼の娘にちなんで命名されたといくらかによって言われている。

糸を生産するために必要とされる仕事の量を減らしたので、それは革命的であった。

それは、国内の紡糸から機械化された紡績工場、産業革命の原動力のうちの1つへ推移をマークした。
労働者は、オリジナルのジェニー紡績機上で直ちに8つ以上のスプールを動かすことができた。

技術が進むとともに、これは100以上に成長した。

最後は、やはり、イギリスらしくヴィクトリア女王(Queen Victoria)が登場する。
より上流社会においてより一貫してスマートであると考えられる色は、黒意外にはほとんどない。

「ココ・シャネル(Coco Chanel)が1920年代にやる前」ヴィクトリア女王は、黒を主流とする流行をもたらすのに役立ったと、歴史家は言っている。

彼女の最愛の夫アルバート(Albert)が1861年に急に死んだ時、ビクトリアは40年後に死まで悲嘆で喪に入った。

悲嘆に圧倒されて、82歳で1901年に死ぬまで、彼女はいつも黒い衣服を着ていた。

前の時代から、黒の色は期間流行していた。

16世紀にイギリスの裁判所の中へで、スペインから導入された黒は、流行歴史家で傾向予測者アンバー・ブッチャート(trend forecaster Amber Butchart)と言っている。

しかし、初期のビクトリア女王は、主として悲嘆に黒を関連させた。

しかし、ビクトリアが継続し続けるとともに、それを着用するために、色は流行の色として主流によって採用され始めた。

アンバー・ブッチャートは、「ココ・シャネルは、1920年代の初めに方法として実際に黒を通俗化しました。
しかし、それはヴィクトリア女王によって始められたキックでした」と言っている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。