2012年09月13日

長年ストレスがうっ積していた火山が、グアテマラで爆発した。

AP通信は、多年に渡ってストレスがうっ積している火山は、グアテマラ(Guatemala)で最も有名な観光名所のうちの1つで一連の外側で木曜日に、強力な爆発を起こしたと報告した。

高さ3,763メーターの火山Volcan de Fuegoは、「Volcano of Fire(火の火山)」として翻訳され、その爆発は、灰の浴びせられた密雲を、空の中へのほぼ3kmまた噴出し、その側面を下った溶岩およびガスの川は、そのエリアにいた住民や観光客33,000人以上に避難命令を促した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

グアテマラの緊急避難のヘッドであるセルジオ・カバナスSergio Cabanas()は、植民地の都市アンティグア(colonial city of Antigua)の約10km南西にある火山のまわりの17の村に住む45,000人の避難民に村を去るように命じたと言った。

灰は南南東を吹いていた。
また、当局は、彼らは爆発が少なくとももう12時間続くことを予期したが、政府観光客センターは現在危険な状態にないと言った。

国立地震学、火山学、気象学と水文学研究所の火山学者グスターボ・チクナ(Gustavo Chicna, a volcanologist with the National Institute of Seismology, Vulcanology, Meteorology and Hydrology)は、
「大きな火山噴火、灰の強い爆発およびカラムで、爆発の発作は起こっています。」と言っている。

彼は、火山から噴出する灰がいくつかの場所で厚い数cmになったと言った。

緊急機関は、そのエリアによるフライトが影響されるかもしれないと警告した。

山の最高水準緊急非常事態が、南および南東があり、グスターボ・チクナは、「それはほとんど完全な暗さになっています。」と言った。

彼は、火山の80km南に限り灰が降っていたと言った。

グアテマラ赤十字の災害調整者テレサ・マロクイン(Teresa Marroquin, disaster co-ordinator for the Guatemalan Red Cross)は、構成が10の緊急避難所をセット・アップしており、衛生キットおよび水を送っていた、と言った。
「多くの呼吸困難と眼疾患(respiratory problems and eye problems)です。」と彼女は言った。

火山の近くで生きているもののうちの多数は比較的貧しく孤立させられたコミュニティーで暮らしている先住Kakchikeles人である。

当局は、そのエリアから被災民をすべて避難させる際の困難さに遭遇することを彼らが予期したと言った。

メキシコのチアパス職員(Officials in the Mexican state of Chiapas)は、国境上で、風がそれらの方角に灰を運んだ場合を想定し、彼らがグアテマラの状況をモニターしていたと言った。

火山Volcan de FuegoのGoogle Earthポインター情報
14°28'58.00"N,90°52'58.00"W
または、
14.482778, -90.882778

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。