on-the-time.jp

2012年09月13日

タイガー・ビール醸造者の親に対する企て!

BBC Newsは、タイガー・ビール醸造者(Tiger beer brewer)の親に対する企ての中で、タイ最大のビール醸造者ThaiBevとパートナーTCCアセッツは(TCC Assets)、F&N(Fraser & Neave/フレイザー&ニーヴ)タイガー・ビールのメーカーAPB(Asia Pacific Breweries/アジア太平洋ビール醸造所)の親)のために株式公開買付けを作ったと報告した。

グループはそれがまだ所有しないF&Nシェアの70%でほとんど90億シンガポールドル(US$73億)を提示した。

その申し出は、F&Nシェアを56億シンガポールドルで取り引きでのAPBの中の企業支配権を買うハイネケン(Heinken)の申し出を挫折させることができた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

ThaiBevとハイネケンはAPBのコントロールのために、天井知らずで戦っている。

シンガポールのF&Nは、ハイネケンの申し出を受けたと先月言った。
しかし、入札はまだ株主の承認の対象で、F&Nが言ったことは、白紙になった。

しかし、F&Nの最も大きな株主であるThaiBevは、、ハイネケンの申し出を支援するかどうか示していない。

「1つの起こりうる結果は、TCCがF&Nのコントロールの獲得に成功すれば、それがハイネケンへのAPBの販売を再交渉したいであろうということです。」と言っている。

ハイネッケンのユダヤ商法に対する華僑ビジネス(または、ドラゴン・ビジネス)の恐ろしさかもしれない。

F&Nは100plusのようなブランドを備えたソフト・ドリンクス市場の存在感と同様に、APBの中の40%の直接・間接の株を含んでいる非常に成功した食品&飲料部門も持っている。

社は不動産へさらに多様化しており、70億シンガポールドルより多くの総資産を持っている。

それは、シンガポール、中国、タイ、イギリス、オーストラリアおよびニュージーランドでプロジェクトを展開した。

その不動産部門を得ることを切望している様々な会社の報告書があった。

何人かのアナリストは、会社がその様々なユニットをターゲットとするとともに会社がその区分の最終的な分解を見てもよいと言った。

IG市場のためのプレミアム顧客管理のヘッドであるジェーソン・ヒューズ(Jason Hughes)が、
「このプロセスは、F&Nの崩壊に帰着するかもしれません」と言った。

「私たちはコカ・コーラとキリンのような人から全面的な興味を見ました...万一それらがF&Nの部分を引き継いだら、それはそれらの紙ばさみをもっと増し、ここでそれらのビジネスの拡張を促進するでしょう。」

彼は、崩壊を上へ「現在の構造を最大限に利用するために株主価値の知覚可能なリリースと見なされているかもしれないものを考慮に入れるだろう。」と付け加えた。

ユダヤが華僑をなめてはいけない。

OCBC(Overseas-Chinese Banking Corporation/華僑銀行)は、2つの会社の株式にそれが接近されたと言った。

2012-09-05---アジアのビールは、経済成長の飲料になった。
2012-08-08---タイのアジア太平洋ビール醸造所、新しい企てを開始。
2012-07-20---オランダのハイネケン、タイガー・ビール・メーカーにUS$41億の値付け。
2012-07-18---急成長しているアジアのビール市場で激震!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト