gaYa広告

2012年09月13日

タイガー・ビール醸造者の親に対する企て!

BBC Newsは、タイガー・ビール醸造者(Tiger beer brewer)の親に対する企ての中で、タイ最大のビール醸造者ThaiBevとパートナーTCCアセッツは(TCC Assets)、F&N(Fraser & Neave/フレイザー&ニーヴ)タイガー・ビールのメーカーAPB(Asia Pacific Breweries/アジア太平洋ビール醸造所)の親)のために株式公開買付けを作ったと報告した。

グループはそれがまだ所有しないF&Nシェアの70%でほとんど90億シンガポールドル(US$73億)を提示した。

その申し出は、F&Nシェアを56億シンガポールドルで取り引きでのAPBの中の企業支配権を買うハイネケン(Heinken)の申し出を挫折させることができた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ThaiBevとハイネケンはAPBのコントロールのために、天井知らずで戦っている。

シンガポールのF&Nは、ハイネケンの申し出を受けたと先月言った。
しかし、入札はまだ株主の承認の対象で、F&Nが言ったことは、白紙になった。

しかし、F&Nの最も大きな株主であるThaiBevは、、ハイネケンの申し出を支援するかどうか示していない。

「1つの起こりうる結果は、TCCがF&Nのコントロールの獲得に成功すれば、それがハイネケンへのAPBの販売を再交渉したいであろうということです。」と言っている。

ハイネッケンのユダヤ商法に対する華僑ビジネス(または、ドラゴン・ビジネス)の恐ろしさかもしれない。

F&Nは100plusのようなブランドを備えたソフト・ドリンクス市場の存在感と同様に、APBの中の40%の直接・間接の株を含んでいる非常に成功した食品&飲料部門も持っている。

社は不動産へさらに多様化しており、70億シンガポールドルより多くの総資産を持っている。

それは、シンガポール、中国、タイ、イギリス、オーストラリアおよびニュージーランドでプロジェクトを展開した。

その不動産部門を得ることを切望している様々な会社の報告書があった。

何人かのアナリストは、会社がその様々なユニットをターゲットとするとともに会社がその区分の最終的な分解を見てもよいと言った。

IG市場のためのプレミアム顧客管理のヘッドであるジェーソン・ヒューズ(Jason Hughes)が、
「このプロセスは、F&Nの崩壊に帰着するかもしれません」と言った。

「私たちはコカ・コーラとキリンのような人から全面的な興味を見ました...万一それらがF&Nの部分を引き継いだら、それはそれらの紙ばさみをもっと増し、ここでそれらのビジネスの拡張を促進するでしょう。」

彼は、崩壊を上へ「現在の構造を最大限に利用するために株主価値の知覚可能なリリースと見なされているかもしれないものを考慮に入れるだろう。」と付け加えた。

ユダヤが華僑をなめてはいけない。

OCBC(Overseas-Chinese Banking Corporation/華僑銀行)は、2つの会社の株式にそれが接近されたと言った。

2012-09-05---アジアのビールは、経済成長の飲料になった。
2012-08-08---タイのアジア太平洋ビール醸造所、新しい企てを開始。
2012-07-20---オランダのハイネケン、タイガー・ビール・メーカーにUS$41億の値付け。
2012-07-18---急成長しているアジアのビール市場で激震!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト