2012年09月13日

湾岸カルテルのボスを逮捕!

BBC Newsは、メキシコ政府関係者は麻薬王のうちの1人であると考えられるジョージ・エドアード・コスティラ・サンチェス(Jorge Eduardo Costilla Sanchez)を船舶ごと逮捕したと報告した。

湾岸カルテルのボスと考えられるジョージ・エドアード・コスティラ・サンチェスは、北部のTamaulipasで拘留された言っている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

メキシコのネイビー(ESTADOS UNIDOS MEXICANOS)ステートメントは、自分をジョージ・コスティラ・サンチェスあると確認する人が水曜日にTamaulipasのタンピコ(Tampico)で逮捕されたと言った。

ネイビーは、より多くの詳細が木曜日午前に出されるだろうと言った。

El Cossとして知られるジョージ・エドアード・コスティラ・サンチェスは、メキシコと米国の両方から手配されていた。

彼は、彼の捕獲に結びつく情報のために提示されたUS$200万以上の報奨金と共に、メキシコ政府の麻薬王の手配リスト・トップ37人に載っている。

このリストは2009年の初めに公表され、そのうちの20人以上が死んだか捕らえられた。

都市マタモロス(Matamoros)の地方警官だったジョージ・コスティラ・サンチェスは、1990年代の初めに湾カルテルに参加した。

カルテルは、2010年にメキシコの麻薬を最も売買する組織のうちの1つであるズイータ(Zetas)と関係が切断されて以来弱められました。

当時のヘッドであったアントニオ・カルデナス・ギリェン(Antonio Cardenas Guillen)が2010年に、軍隊との銃撃戦で死んだ後、一群はさらにライバル党派へ分割した。

タンピコ(Tampico)のGoogle Earthポインター情報
25°50'28.29"N,97°29'53.99"W
または、
25.841192, -97.498331

都市マタモロス(Matamoros)のGoogle Earthポインター情報
25°52'7.85"N,97°30'9.86"W
または、
25.868847, -97.502739

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。