gaYa広告

2012年09月13日

ボブ・ディランは、19世紀詩人と日本人作家からの「盗作」を拒絶。

BBC Newsは、ボブ・ディランは、彼が作品で芸術家を剽窃しており、出所を適切にしなかったという提案に応答したと報告した。

ベテランの音楽家がローリングストーン誌(Rolling Stone magazine)に、
「Wussies and pussies complain about that stuff,(女々しい男とプッシーは、そのものについて不満を言います。)」
「In folk and jazz, quotation is a rich and enriching tradition. It's true for everybody but me. There are different rules for me.(フォークとジャズでは、引用は豊富で豊かにする伝統です。それは私以外の皆にとって真実です。私のための異なる規則があります。)」と伝えた。

ディランの35番目のスタジオ・アルバム「テンペスト(Tempest)」は今週リリースされた。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

71歳の彼は、今年の初めに、オバマ大統領から、アメリカで最も高い民間の名誉「自由勲章(Medal of Freedom)」を受け取った。

歌手は、2006年のアルバム「モダン・タイムス(Modern Times)」で1867年に死んだ19世紀詩人ヘンリー・ティモロド(Henry Timrod/1828 - 1867)から借りたことで非難された。

別のアルバム、2001年の「Love and Theft」の中の楽曲5曲の歌詞12カ所に、日本人内科医兼作家で日本人作家佐賀純一(Junichi Saga)の著作「浅草博徒一代記」に英語版「あるやくざの告白(Confessions of a Yakuza)」講談社刊からのラインの一部が無断借用されている可能性があると主張された。
発見者は日本在住のアメリカ人で、ボブ・ディランのファンであると共に佐賀純一の作品のファンでもあり、表現がそっくりであることを自分のホームページで公開した。

それをWSJ(Wall Street Journal)が2003年07月08日に取り上げた。

ボブちゃん、謝罪!謝罪!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告