gaYa広告

2012年09月13日

クメール・ルージュ・リーダー、裁判に適さないと解放!

BBC Newsは、カンボジアの国連支持で保持されている大量虐殺裁判所は、クメール・ルージュ・リーダー、イエン・ティリス(Khmer Rouge leader Ieng Thirith)に対し、彼女が裁判を受けるのに不適当であると言って釈放を命じたと報告した。

裁判所は、イエン・ティリスが恐らくアルツハイマー病(Alzheimer's disease)を患っており、「近い将来」彼女を裁判にかけることができるかもしれないという予想がなかった、と言った。

80歳の彼女は、毛沢東主義摂生法の社会事務大臣であった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

その他に、3人の生き残るトップ・クメール・ルージュ・リーダーが、人間性に対する犯罪の疑いで現在裁判にかけられている。

検察官が訴えをしなければ、イエン・ティリスが24時間で拘留から解放されるだろう、と裁判所職員が言った。

裁判所が声明で、
「裁判所に任命された医療関係者の報告書および証言に基づいて、裁判長は、進行性の退廃的な病気[恐らくアルツハイマー病]に被告イエン・ティリスが苦しみ、彼女が裁判を受けるのに不適当なままであるというその先の発見を今日再確認しました。」
しかし、裁判所は、彼女が「被告の罪か無罪とは発見できない。」と付け加えた。

職員は、200万人までがクメール・ルージュの1975-1979の支配中に死んだと推測している。

最高指導者ポル・ポトの下(supreme leader Pol Pot)でその政権は、毛沢東主義の農夫ユートピアを構築しようとしたが、リーダーは、それらが認めた人なら誰でもふるい落とそうと努力するとともに、大量虐殺で、脅かした。

2011年11月に、3人のトップのクメール・ルージュ・リーダーであったヌオン・チャ(Nuon Chea)、キュー・サムファン(Khieu Samphan)およびイエン・サリ(Ieng Sary)が、政権の支配中に犯された犯罪の容疑で裁判にかけられた。

3人は、すべて非難を否定している。

イエン・サリの妻で、クメール・ルージュのトップのランク中の最も強力な女性だったイエン・ティリスは、さらにどんな悪事も否定した。

しかしながら、検察官は、人々が集団農場の飢餓および疾病で死につつあることを彼女は知っていたが、残酷を止めるために何もしなかった、と言った。

彼女の妹はムーブメントのリーダーであったポル・ポトと結婚していた。

ポル・ポトは1990年代の終わりに死亡した。

2012-02-03---カンボジアのクメール・ルージュ獄吏ダッチ(Duch)に終身刑!?
2012-01-19---国連は、カンボジア・クメール・ルージュ裁判でアドバイザーを指名。
2011-11-21---クメール・ルージュのリーダー裁判で、カンボジアは33年間待っている。
2011-09-05---カンボジアのTuol Sleng生存者で、画家のバン・ナッツが死去した。
2010-11-17---カンボジアで、対戦車地雷が爆発し、14人が死亡!
2010-07-26---ポル・ポト大虐殺特別法廷、ポル・ポト派刑務所チーフに禁固35年の判決。
2010-07-25---ポル・ポト派刑務所チーフであったダッチ(Duch)の判決。
1998-04-15---ポル・ポトが死去した。
1979-08-15---カンボジア人民共和国が、ポル・ポト派による住民虐殺を告発した。
1979-02-17---中越戦争が始まった。
1979-01-07---ベトナム軍は、カンボジアの首都プノンペンを確保した。
1975-04-17---米国の支援を受けていたロン・ノル政権が崩壊した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト