gaYa広告

2012年09月14日

野営テント、洗練されたテントはいかが?

夏も終わり、虫の声を聞きながら野宿するのはいかが?

boutique-homesは新しい野外生活を提案し、15種類のクールなテントを紹介した。

オリジナル・テントを設計するのも面白いかもしてない。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

形、サイズ、色およびスタイルを少し修正するだけで、謙虚なテントはデザイナーの改良で生まれ変わっている。

中には、読書好き向けに、読書狂に最適なテント。

昔懐かしいフォルクスワーゲン・キャンピングカー・テント。

一見ハイテク、超レトロ、何でもあり、野宿することを楽しむ時代かもしれない。

あなたなら、何を選ぶ?
どのように修正する!?

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告