gaYa広告

2012年09月09日

中国ミスコンの審査基準「乳首の間は20cm以上」

AFPは、中国湖北(Hubei)省で行われる大学生のミス・コンテストが、「二つの乳首間が20cm以上(distance between their nipples is greater than 20 centimeters)」という審査基準を採用したところ、大きな批判を浴びていると報告した。

中国版ツイッター「新浪微博(Sina Weibo)」のあるユーザーは「なにゆえに20cm以上なのか?一体誰がこんなことを思いついたのやら」と書き込んだ。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

著名テレビ司会者の楊瀾(Yang Lan)もブログで批判した。「どうして胸の間隔が美の基準になるの?女をおもちゃだと思ってるのかしら。こんな基準で女性を審査するなんて最低!」

一方、7日の中国国営英字紙「環球時報(Global Times)」に対し、主催者側は、コンテストは同省の大学のもっとも美しい女子学生10人を選ぶもので、審査基準には昔からの中国的な基準と現代的で西欧的な基準の両方を取り入れ、そのためにインターネットでの調査も行ったと述べた。その結果、ミスコン伝統のスリーサイズなどに加え、「瞳と瞳の間は、瞳と耳の間の長さの 46%」などという基準も採用された。

中国は過去9年間で6回のミスワールドの開催地となるなど、多くのビューティー・コンテストを招いている。
今年、内モンゴル自治区で行われたミス・ワールド(Miss World)世界大会決勝では、中国代表の于文霞(Yu Wenxia)が優勝もしている。

于文霞の「乳首の間は20cm以上」だったのだろうか?

しかし「Weibo」には、「こういうミスコンは本当にばかばかしい。審査員とかいう人たち、はいったい何を根拠に自分の勝手な基準で美を測っているんだろう?」とミスコン自体に関するこんな批判も書き込まれたと報告している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。