2012年09月05日

NASAからの最新ハイテク・ファッション「与圧服」情報。

ファッション

NASAは、地上で高く急上昇し、流行しているテスト・パイロット、宇宙飛行士他によって着用された保護服の開発および使用を詳述する、多彩な写真とイラストで満たされた530ページの本を出版したと報告している。

さあ、未来のハイ・ファッションの詳細情報を知ろう!
全ページがPDFで公開されている。
中には、組み立て用立体裁断のパーツまで紹介されている。

その本のタイトルは、「高度用ドレッシング:米国飛行与圧服 -- スペースシャトルへのウィリー・ポスト(Dressing for Altitude: U.S. Aviation Pressure Suits -- Wiley Post to Space Shuttle)」で、

第2次世界大戦の数年前に最初の使用以来、宇宙の端に活発な人間を維持することを目指した部分的な与圧服(Reveals Pressure Suits)および完全な与圧服に関する526ページの調査を提供した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

初期の与圧服は、もう完全にSFマンガを超越している。

与圧服は宇宙遊泳の宇宙飛行士によって着用された宇宙服ではない。

この本は、洋服屋として、エンジニアが比較的軽量でありえた衣服をデザインする際に取り組んだ難問、それは軽量、柔軟、膨張式として、曲げやすく、ふくらませることを調査した。そして、まだ、高い高度で安全な脱出するパイロットを維持する、また水の中でも無事であることに挑戦し、調査した。

NASA機関のワシントン本部で航空学調査ミッション理事職トニー・スプリンガー(Tony Springer of NASA's Aeronautics Research Mission Directorate at the agency's headquarters in Washington)は、
「この仕事は、技術の歴史を提供し、かつ現在の高高度スーツを作成し、テストし、利用する際に何年もの研究を通じて学習されたレッスンを調査することを目指しています。」と言っている。

作家、エンジニア、およびスペースシャトルを含むNASAのプログラムに作用する30年の経験年数を持ったマネージャーであるデニスR.ジェンキンズ(Dennis R. Jenkins)が、この本を書き、その写真と実例を組み立て、編集制作した。

ジェンキンズは、彼が特に与圧服のその数年を通じての開発のうちのほとんどに責任を負う2大企業グッドリッチ(Goodrich)とデービッド・クラーク(David Clark)の仕事および献身を研究した後のトピックに興味を持つようになったと言った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告