2012年09月13日

ニール・アームストロングの公式告別式。

NASAは2012年09月04日に、宇宙飛行士ニール・アームストロング(Neil Armstrong)の生活および経歴を尊敬するために、公式告別式はワシントン・ナショナル大聖堂(Washington National Cathedral)で、2012年09月13日に行われ、NASA長官チャールズ・ボールデン(NASA Administrator Charles Bolden)および他の高位高官が列席すると報告した。

この告別式は、NASAテレビで生中継され、オンラインで流れる。
また、ワシントン・ナショナル大聖堂のWebサイトでも流される。

この歴史的な告別式は、大聖堂で午前10時EDTに始まる予定になっている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ワシントン・ナショナル大聖堂は国家のための心のふるさととして知られている。

高位高官、コミュニティー、および政治指導者、アームストロング家のメンバー、および現在と元宇宙飛行士を含むNASAのメンバーは、月の上を最初に歩いた人に、敬意を払う。

告別式をカバーしたいニュースメディアは、このサービスをカバーする信任状を受け取るために、9月11日(火)までにmeredith@rabinowitz-dorf.comでメレディス・マッケンジー(Meredith MacKenzie)と連絡をとる必要がある。

席は制限されている。
非常に限られた数の座席は先着順で公に利用可能になる。

列席することに興味を持っているものは、christine.peterson@nasa.govでクリスティーン・ピーターソン(Christine Peterson)と連絡をとる必要がある。

ワシントン・ナショナル大聖堂はアメリカで信頼の役割をシンボル化する歴史的建造物である。
また、そのイコノグラフィは、国の身元を形作った。

アームストロングは、宇宙飛行士仲間バズ・オルドリン(Buzz Aldrin)とマイクル・コリンズ(Michael Collins)と共に、アポロ11ミッションで持ち帰った月岩をワシントン・ナショナル大聖堂に提示した。

そのプレゼンテーションは、最初の月面着陸の5周年記念を記念する1974年7月21日のサービス中に起こった。

ワシントン・ナショナル大聖堂(Washington National Cathedral)のGoogle Earthポインター情報
38°55'49.97"N,77° 4'14.27"W
または、
38.930547, -77.070631

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。