gaYa広告

2012年07月30日

オリンピック柔道選手のヒジャーブ着用への対応!?

BBC NEWSは、サウジアラビアの女性柔道競技者の父親は、ヒジャーブの着用を認められなければ、彼の娘がオリンピックを拒否すると言ったと報告した。

日本人には、宗教心はあまり関与しないが、国際競技のオリンピックではどうなるのか?と言うことで話題になった。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

16歳のワジダン・アリ・セラジ・アブドラヒム・シャヘウカイ(Wojdan Ali Seraj Abdulrahim Shaherkani)は、金曜日に+78kgのカテゴリーで参加する予定であった。

サウジ役人は、その女性のスポーツ選手がイスラム教の服装規定に従わなければならないだろうと今月の初めに言った。

しかし、マリウス・ビザー国際柔道連盟プレジデント(International Judo Federation president Marius Vizer)は、彼女がヘッドスカーフなしで戦わなければならないだろうと言った。

そのスポーツは安全上の理由でヘッドスカーフを禁止した。

また、リウス・ビザーは先週
「サウジアラビアのスポーツ選手は、柔道の精神の中で、およびヒジャーブのない柔道の法則によって戦うでしょう。」と言った。

彼女の父親アリは、「彼女がヒジャーブを脱ぐことを委員会が要求すれば、8月3日に柔道の試合には参加しないだろう。」とサウジアラビアのアルワタン新聞(Saudi Arabia's al-Watan newspaper)に伝えた。

オリンピックとサウジ審判は解決を見つけるために柔道チーフとの会談をした。

しかし、シャヘウカイは、問題に関する国際オリンピック委員会から、便りをもらっていないと新聞に伝えた。

シャヘウカイと800mのランナーのサラ・アタール(Sarah Attar)は、サウジアラビアからの2人の女性の競技参加者である。

サウジアラビアでスポーツに参加する女性のほとんど公の伝統がない。
また、審判は、最小の標準記録を満たすことができるスポーツ選手を見つけることは困難であると分かった。

安全上の理由でヘッドスカーフを禁止したというが、このような貴重な選手が参加できる扉があってもいいのではないか?

伸縮性の高いヒジャーブを着用すれば、問題は解決できるのでは?

私は、マリウス・ビザー国際柔道連盟プレジデントを解雇しても、彼女のヒジャーブを着用した柔道を見てみたいので、彼女を応援する!

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト