2012年07月18日

「The Daily Telegraph」は、オリンピックに最強の200人体制で挑む!

Press Gazetteが、イギリスの新聞「The Daily Telegraph」がロンドン2012オリンピック(London 2012 Olympics)の報道に取り組む200強の編集のチームを持つだろうと言ったと報告した。

報道の中心に、毎日のオリンピック補足として48ページ以内の記事があるだろうと言っている。

ゲーム中に、一般な毎日のビジネス補足(normal daily business supplement)は、主体へ吸収される。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

iPad用アプリケーションのオリンピック版は毎日午後5時に公表される。
また、土曜日に「The Telegraph」は、60ページのオリンピック用プレビュー・マガジンを出版する予定になっている。

「The Daily Telegraph」は、オリンピックの2週間で、追加の100万部を売るだろうと考えている。
また、重要なオリンピックの開催地およびファン・サイトで働く、新聞直接密売人として100強チームを補充した。

もう、新聞をオリンピック中毒にする!

勝つか負けるか!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告