2012年07月18日

イギリスで最大のブラック新聞「The Voice」に、オリンピックの取材認可を与えた。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、イギリスで最大のブラック新聞「The Voice」は、ロンドン市長ボリス・ジョンソンおよび他の主要な政治家(London mayor Boris Johnson and other leading politicians)による介在に続いて、オリンピック・スタジアムのために報道認可(press accreditation)を最後に与えられたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

大会で、100mの金メダリスト、ウサイン・ボルト(Usain Bolt)のようなスターの中の黒人社会には、明白な利権の多くがあり、多くのブッラック・イギリス人の参加者にもかかわらず、記者通行証を与えることを拒絶した後、「The Voice」は、今週の初めにイギリス・オリンピック協会(British Olympic Association)に対する攻撃を始めた。

現在のオリンピックを白人だけで行ったら、どうなる?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。