2012年07月18日

イギリスで最大のブラック新聞「The Voice」に、オリンピックの取材認可を与えた。

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、イギリスで最大のブラック新聞「The Voice」は、ロンドン市長ボリス・ジョンソンおよび他の主要な政治家(London mayor Boris Johnson and other leading politicians)による介在に続いて、オリンピック・スタジアムのために報道認可(press accreditation)を最後に与えられたと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

大会で、100mの金メダリスト、ウサイン・ボルト(Usain Bolt)のようなスターの中の黒人社会には、明白な利権の多くがあり、多くのブッラック・イギリス人の参加者にもかかわらず、記者通行証を与えることを拒絶した後、「The Voice」は、今週の初めにイギリス・オリンピック協会(British Olympic Association)に対する攻撃を始めた。

現在のオリンピックを白人だけで行ったら、どうなる?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告