gaYa広告

2012年07月18日

LA連邦判事は、フォアグラ禁止を停止させる動議を拒絶!

San Jose Mercury Newsは、AP通信からの情報としてロサンジェルス連邦判事は、カリフォルニア州のフォアグラ(foie gras)の販売禁止を停止させる、緊急動議を否定したと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

三面記事サービス報告として、米国地方裁判所判事スティーヴンV.ウィルソン(U.S. District Judge Stephen V. Wilson)は、事態が急ではなく、審問が来月の間にセットされるだろう、と水曜日に言った。

訴訟は、太らせられた肝臓の微妙さで、カナダの輸出者、ニューヨークに本拠があるフォアグラ生産者、および南カリフォルニアのレストラン・グループHot(Southern California restaurateur, Hot's Restaurant Group)によって起こされた。

あひるとガチョウに無理に詰め込むことにより準備された微妙さは、2012年07月01日にカリフォルニアで禁止されました。

訴訟は、さらに、カリフォルニアの禁止が非常に広く書かれているので、皮、羽毛、および主としてフォアグラのために上げられたあひるの他の副産物にそれが当てはまる状態で、外からの会社への影響により、米国の憲法の通商条項を破る、と主張している。

米国人のような太った人が多い国は、あひるとガチョウに無理に詰め込むフォアグラは---

動物虐待食品として、多くの動物学者から非難されてきた。

肝硬変の肝臓を食って、肝硬変になる?

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。