gaYa広告

2012年07月18日

LA連邦判事は、フォアグラ禁止を停止させる動議を拒絶!

San Jose Mercury Newsは、AP通信からの情報としてロサンジェルス連邦判事は、カリフォルニア州のフォアグラ(foie gras)の販売禁止を停止させる、緊急動議を否定したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

三面記事サービス報告として、米国地方裁判所判事スティーヴンV.ウィルソン(U.S. District Judge Stephen V. Wilson)は、事態が急ではなく、審問が来月の間にセットされるだろう、と水曜日に言った。

訴訟は、太らせられた肝臓の微妙さで、カナダの輸出者、ニューヨークに本拠があるフォアグラ生産者、および南カリフォルニアのレストラン・グループHot(Southern California restaurateur, Hot's Restaurant Group)によって起こされた。

あひるとガチョウに無理に詰め込むことにより準備された微妙さは、2012年07月01日にカリフォルニアで禁止されました。

訴訟は、さらに、カリフォルニアの禁止が非常に広く書かれているので、皮、羽毛、および主としてフォアグラのために上げられたあひるの他の副産物にそれが当てはまる状態で、外からの会社への影響により、米国の憲法の通商条項を破る、と主張している。

米国人のような太った人が多い国は、あひるとガチョウに無理に詰め込むフォアグラは---

動物虐待食品として、多くの動物学者から非難されてきた。

肝硬変の肝臓を食って、肝硬変になる?

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。