gaYa広告

2012年07月18日

キム・ドットコムの裁判官は米国を「敵」と呼んだ後に辞めた。

RT(Russia Today)は、ニュージーランド裁判官デヴィッド・ハーヴェイ(New Zealand Judge David Harvey)は彼の公平に疑いを抱かせることができる意見を述べた後に、キム・ドットコム裁判(Kim Dotcom trial)から引退したと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ハーヴェイは、米国によって要求されたインターネット起業家に対する逃亡犯罪人引渡事件を監視する予定であった。

先週、インターネット法律エキスパートである裁判官のハーヴェイはTPP条約について議論する会議でメインの講演者であった。

米国と他の10カ国間の多国間条約として、ヨーロッパによって最近拒絶された著作権法ACTAより厳密なものと、その著作権条件が記述された。

ハーヴェイは、条約の条件の下では、地域を制限されたDVDの上の地方を変更する人々が犯罪者として分類されるだろうと述べた。

「私たちはその敵に会いました。また、彼は米国です。」とハーヴェイは要約した。

この表現は、初期の句の上のしゃれで「私たちはその敵に会いました。また、彼は私たちです」という、1970年の漫画からの環境保護論者によって採用された。

しかし、ほとんどは言葉遊びの気分ではなかった。

米国側のうちの1つである事件の裁判官の位置が主張し難くなったと「有用でない裁判外のコメント」およびいくつかの地元マスコミが言ったと、オークランド大学法律学教授ビル・ホッジ(Auckland University law professor Bill Hodge)は評した。

キム・ドット・コム(本名キム・シュミッツ/Kim Schmitz)はファイル共有サイトMegauploadの創立者で、米国の依頼で1月にニュージーランドで阻止された。

彼は著作権侵害、ゆすりおよびマネーローンダリングで告訴された。

その時以来、ドット・コムは、米国への彼の犯罪人引き渡しと戦った。

審問中に、ハーヴェイは彼の保釈金状態を緩めて、キム・ドット・コムを支持して、彼が大邸宅に住み、かつ音楽アルバムをレコーディングすることを可能にすること繰り返し支配した。

異なる裁判官はキムの来たる犯罪人引き渡し審問のために指定された。
それは来年3月に予定されている。

どうも、インターネット犯罪の裁判では、米国が「敵」のようである。

WikiLeaksの創設者ジュリアン・アッサンジ(Julian Assange)も同意見のようだ。

米国は、自身のことをインターネット犯罪の裁判で、どう考えているのだろう?
米国がどんどん孤立しているようだ。
ところがICANNは、米国商務省の傘下にどんどん潜り込んでいる。

付いていくのは、日本だけ?

2012-02-22---Megauploadの創設者は、保釈を許された。
2012-01-20---Megauploadシャット・ダウンで、AnonymousがFBIを襲った!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト