gaYa広告

2012年07月18日

キム・ドットコムの裁判官は米国を「敵」と呼んだ後に辞めた。

RT(Russia Today)は、ニュージーランド裁判官デヴィッド・ハーヴェイ(New Zealand Judge David Harvey)は彼の公平に疑いを抱かせることができる意見を述べた後に、キム・ドットコム裁判(Kim Dotcom trial)から引退したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

ハーヴェイは、米国によって要求されたインターネット起業家に対する逃亡犯罪人引渡事件を監視する予定であった。

先週、インターネット法律エキスパートである裁判官のハーヴェイはTPP条約について議論する会議でメインの講演者であった。

米国と他の10カ国間の多国間条約として、ヨーロッパによって最近拒絶された著作権法ACTAより厳密なものと、その著作権条件が記述された。

ハーヴェイは、条約の条件の下では、地域を制限されたDVDの上の地方を変更する人々が犯罪者として分類されるだろうと述べた。

「私たちはその敵に会いました。また、彼は米国です。」とハーヴェイは要約した。

この表現は、初期の句の上のしゃれで「私たちはその敵に会いました。また、彼は私たちです」という、1970年の漫画からの環境保護論者によって採用された。

しかし、ほとんどは言葉遊びの気分ではなかった。

米国側のうちの1つである事件の裁判官の位置が主張し難くなったと「有用でない裁判外のコメント」およびいくつかの地元マスコミが言ったと、オークランド大学法律学教授ビル・ホッジ(Auckland University law professor Bill Hodge)は評した。

キム・ドット・コム(本名キム・シュミッツ/Kim Schmitz)はファイル共有サイトMegauploadの創立者で、米国の依頼で1月にニュージーランドで阻止された。

彼は著作権侵害、ゆすりおよびマネーローンダリングで告訴された。

その時以来、ドット・コムは、米国への彼の犯罪人引き渡しと戦った。

審問中に、ハーヴェイは彼の保釈金状態を緩めて、キム・ドット・コムを支持して、彼が大邸宅に住み、かつ音楽アルバムをレコーディングすることを可能にすること繰り返し支配した。

異なる裁判官はキムの来たる犯罪人引き渡し審問のために指定された。
それは来年3月に予定されている。

どうも、インターネット犯罪の裁判では、米国が「敵」のようである。

WikiLeaksの創設者ジュリアン・アッサンジ(Julian Assange)も同意見のようだ。

米国は、自身のことをインターネット犯罪の裁判で、どう考えているのだろう?
米国がどんどん孤立しているようだ。
ところがICANNは、米国商務省の傘下にどんどん潜り込んでいる。

付いていくのは、日本だけ?

2012-02-22---Megauploadの創設者は、保釈を許された。
2012-01-20---Megauploadシャット・ダウンで、AnonymousがFBIを襲った!

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告