gaYa広告

2012年07月18日

モバイル・データ通信量の重荷は、Wi-Fiで緩和。

Cellular-Newsは、2011年から2016年までにWi-Fi成長は16倍で、モバイル・データ通信量の重荷は、Wi-Fiネットワークで大きく緩和されると報告した。

無線データ通信ネットワーク中の下級民にとって、Wi-Fiは携帯電話会社に対する正当な「他のネットワーク」オプションとして出現した。

加入者は、Wi-Fiホット・スポット、あるいはメトロWi-Fiホットゾーンは、約300フィート以内にいなければならない。

しかし、携帯電話事業者はWi-Fiで困難に見え、単にそれらの顧客に高品質の信頼できる無線データを提供しない方法として重荷を降ろす。
また、それらの3Gのモバイル・データ・ネットワーク上の雑踏のうちのいくらかを取り除くために
現在、Wi-Fiの優勢型で、重荷を降ろし、ユーザーを運転している。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

すなわち、エンド・ユーザーはその人のモバイル・ブルードバンドの接続上にWi-Fi接続を選んでいる。

これは報道のためかもしれない。あるいは、彼らがより速い接続を望むので、あるいは、それらが毎月のモバイル・データ計画に限界を打たないようにするために使用法を配給している。

iGRは、より大きなホールドをとるために別のタイプのWi-Fiで重荷を降ろす事業者に運転されると予期した。

重荷を降ろす事業者に運転された、3G/4GトラフィックをWi-Fiネットワークに積極的に切り替える携帯電話会社を含んでいる。

ここの本題は技術になる。
事業者はネットワークと送受話器の両方に正しい設備を持っていなければならない。

今日、これに必要な技術はちょうど出現し始めている。

2016年までに、iGRは、それがはるかに普及していることを予測した。

iGRの新しい報告書は、2つのカテゴリーのワWi-Fi使用法で3G/4Gのモバイルのブロードバンド・ネットワークからWi-Fiまで重荷が降ろされたデータ通信量の量を予測した。

Wi-Fiで重荷が降ろすか、またWi-Fiのみにするか。

Wi-Fiで重荷が降ろす、3G/4Gの上に通常流れるだろうが、その代り、エンド・ユーザーと事業者選択によってWi-Fiに行くトラフィックを含んでいる。

iGRは、2011〜2016年の重荷を降ろしで、Wi-Fiの16x成長を予測した。

つまり、携帯電話専用ネットワークで対応できないほどの重荷が、モバイル・データ・ネットワーク上を走り回り、完全に対応の限界を突破することになる。

もう、どれだけ通信料金を請求しても対応できなくなる。
さらに、通信料金は逆に安くなる。

こんなことは、Wi-Fiが登場したときから言ってきたことで、限界は目の前に来てしまった。

携帯電話会社のために、ワイファイで重荷を降ろす、密集した3Gおよび4Gネットワークのある軽減を提供することができる。

携帯電話専用回線の構築は、3Gですでに限界が来ていた。

携帯電話通信料金で稼ぐ時代は終わった。
データ通信で稼ぐ時代になった。

そのために、日本はスマートフォンを先送りして逃げてきた。

しかし、スマートフォンを通り越す勢いでさらにタブレットが追いかけてきた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。