gaYa広告

2012年07月18日

モバイル・データ通信量の重荷は、Wi-Fiで緩和。

Cellular-Newsは、2011年から2016年までにWi-Fi成長は16倍で、モバイル・データ通信量の重荷は、Wi-Fiネットワークで大きく緩和されると報告した。

無線データ通信ネットワーク中の下級民にとって、Wi-Fiは携帯電話会社に対する正当な「他のネットワーク」オプションとして出現した。

加入者は、Wi-Fiホット・スポット、あるいはメトロWi-Fiホットゾーンは、約300フィート以内にいなければならない。

しかし、携帯電話事業者はWi-Fiで困難に見え、単にそれらの顧客に高品質の信頼できる無線データを提供しない方法として重荷を降ろす。
また、それらの3Gのモバイル・データ・ネットワーク上の雑踏のうちのいくらかを取り除くために
現在、Wi-Fiの優勢型で、重荷を降ろし、ユーザーを運転している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

すなわち、エンド・ユーザーはその人のモバイル・ブルードバンドの接続上にWi-Fi接続を選んでいる。

これは報道のためかもしれない。あるいは、彼らがより速い接続を望むので、あるいは、それらが毎月のモバイル・データ計画に限界を打たないようにするために使用法を配給している。

iGRは、より大きなホールドをとるために別のタイプのWi-Fiで重荷を降ろす事業者に運転されると予期した。

重荷を降ろす事業者に運転された、3G/4GトラフィックをWi-Fiネットワークに積極的に切り替える携帯電話会社を含んでいる。

ここの本題は技術になる。
事業者はネットワークと送受話器の両方に正しい設備を持っていなければならない。

今日、これに必要な技術はちょうど出現し始めている。

2016年までに、iGRは、それがはるかに普及していることを予測した。

iGRの新しい報告書は、2つのカテゴリーのワWi-Fi使用法で3G/4Gのモバイルのブロードバンド・ネットワークからWi-Fiまで重荷が降ろされたデータ通信量の量を予測した。

Wi-Fiで重荷が降ろすか、またWi-Fiのみにするか。

Wi-Fiで重荷が降ろす、3G/4Gの上に通常流れるだろうが、その代り、エンド・ユーザーと事業者選択によってWi-Fiに行くトラフィックを含んでいる。

iGRは、2011〜2016年の重荷を降ろしで、Wi-Fiの16x成長を予測した。

つまり、携帯電話専用ネットワークで対応できないほどの重荷が、モバイル・データ・ネットワーク上を走り回り、完全に対応の限界を突破することになる。

もう、どれだけ通信料金を請求しても対応できなくなる。
さらに、通信料金は逆に安くなる。

こんなことは、Wi-Fiが登場したときから言ってきたことで、限界は目の前に来てしまった。

携帯電話会社のために、ワイファイで重荷を降ろす、密集した3Gおよび4Gネットワークのある軽減を提供することができる。

携帯電話専用回線の構築は、3Gですでに限界が来ていた。

携帯電話通信料金で稼ぐ時代は終わった。
データ通信で稼ぐ時代になった。

そのために、日本はスマートフォンを先送りして逃げてきた。

しかし、スマートフォンを通り越す勢いでさらにタブレットが追いかけてきた。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。