2012年07月18日

何千ものiPhone Appsは、許可なしでユーザー・ロケーションを追跡!

Cellular-Newsは、Bitdefenderによって行なわれた研究調査で、アップルiPhoneアプリケーション(Apple iPhone apps)のうち、5つのうち1つがユーザーのアドレス帳にアクセスすることができ、約41%がユーザ位置を追跡することができる言ったと報告した。

さらに、3分の1は、暗号化されていない蓄積利用者データを保持していた。

Apple App Store上で広く分配された65,000を超えるアプリケーションに関する研究は、何万もが明らかにユーザーの許可のない窓口案内とアクセスのデータを軽く攻撃できることを明らかにした。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

多くのアプリケーションは明白にこの機能への特権を使用しているが、他のものはそれらがユーザーの電話帳へのアクセスからトラッキング使用法まで集めているかもしれないデータを明白に必要としていなかった。

デフォルトで、App上のアプリケーションはストアで、アドレス帳あるいは他の機能にアクセスする場合、位置関連のサービスにアクセスする許可を単に求めるが、それ以外は要求していない。

Bitdefenderの分析は、アApple App Storeで、よりポピュラーなアプリケーションのうちの65,000を含んでいて、わずか57.5%しかが記憶データを暗号化するのを見つけられなかった。それにアクセスした後に潜在的にユーザーのデータを危険にさらしていた
分析されたアプリケーションの約41.4%は、ほとんどのiPhone所有者が、それらがどこか知ることができるデバイスの上に少なくとも1つのAppを持つだろうということを意味して、ユーザの位置を追跡することができた。

これは、かなり危険である。

その研究は、さらに、アプリケーションの18.6%が連絡の詳細をすべて含むユーザのアドレス帳にアクセスすることができることを明らかにした。

Appがユーザーのアドレス帳にアクセスする唯一の正当な理由は、切換接点にあるか、あるいはオン・デバイス電話番号を備えたソーシャルメディア連絡の詳細を合併するときだが、ほとんどすべてのアプリケーションの5分の1が機能へのアドレス帳情報を必要としていなかった。

多くのアプリケーションが、ユーザーの知識のないアドレス帳にアクセスしていた。

Bitdefenderは、さらに分析されたアプリケーションの30.7%ができることを知り、ディスプレー広告および16.4%はフェースブックに接続することができた。

他の機能は動揺解析論、Mobclix解析論のグーグル解析論によってトラッキング使用法を含んでいた。

いくつかのアプリケーションは3つの解析論ソフトウェアをすべて使用していた。

アップルは、Appの開発会社の責任と言うだろうが、デフォルトで、どうなっているかによって、当然責任問題は回避できない。

いにしえのアップルの信用は、もくずと消えた!?のか---

Tim Cook!
やっぱり、お前では駄目か!?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。