2012年07月18日

NASAは、ペーターマン氷河が生んだ最新の巨大な氷山の写真を公開。

NASAは、ペーターマン氷河(The Petermann Glacier)は巨大な浮氷舌(giant floating ice tongue)で終了して、グリーンランドの北西の海岸(northwestern coast of Greenland)に沿った海の方へ粉になり滑り出したと報告した。

海洋で終わる他の氷河のように、ペーターマンは周期的に氷山を生み出す。

2010年にペーターマン氷河が折れ、ヘビーな氷山(すなわち氷島/massive iceberg/ice island)を生み出した。

それから2年後、再び別の氷の塊が逃げ出した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

NASAのAqua satelliteであるMODIS(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer)は、2012年07月16-17日に、新しい氷山が下流で生まれ、漂流し始めたのに気付いた。

極の周回軌道衛星であるAqua satelliteは、毎日、極地を通李観測し続けている。

Image Credit: NASA

ペーターマン氷河(The Petermann Glacier)のGoogle Earthポインター情報
81° 5'1.73"N,61°39'58.86"W
または、
81.083814, -61.666350

2010-08-06---マンハッタン島の4倍の氷山が漂流中!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト