on-the-time.jp

2012年07月18日

NASAは、ペーターマン氷河が生んだ最新の巨大な氷山の写真を公開。

NASAは、ペーターマン氷河(The Petermann Glacier)は巨大な浮氷舌(giant floating ice tongue)で終了して、グリーンランドの北西の海岸(northwestern coast of Greenland)に沿った海の方へ粉になり滑り出したと報告した。

海洋で終わる他の氷河のように、ペーターマンは周期的に氷山を生み出す。

2010年にペーターマン氷河が折れ、ヘビーな氷山(すなわち氷島/massive iceberg/ice island)を生み出した。

それから2年後、再び別の氷の塊が逃げ出した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

NASAのAqua satelliteであるMODIS(Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer)は、2012年07月16-17日に、新しい氷山が下流で生まれ、漂流し始めたのに気付いた。

極の周回軌道衛星であるAqua satelliteは、毎日、極地を通李観測し続けている。

Image Credit: NASA

ペーターマン氷河(The Petermann Glacier)のGoogle Earthポインター情報
81° 5'1.73"N,61°39'58.86"W
または、
81.083814, -61.666350

2010-08-06---マンハッタン島の4倍の氷山が漂流中!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告