on-the-time.jp

2006年06月20日

「倫理的なハッキング」を教授する高等教育コースが認可さらた。

イギリスで初の政府に認可された「倫理的なハッキング」を教授する高等教育コースとしてハッキング学部がスコットランドのDundeeにあるUniversity of Abertayで9月に開始されると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

このコースを卒業すると、セキュリティに関してアドバイスしていて「倫理的なハッキング」のアートとして、抜け目のないコンピューティングと創造的な技術の専門家として働くと予想されている。

ITセキュリティの問題は、より多くの圧搾物になっていたが、イギリスでの最近の情報機密保護違反に関する研究では、ITセキュリティに対処するイギリスの会社の12%だけが正式なセキュリティ資格があることが報告され、新しいコースではとくに、訓練されたセキュリティ専門家の数を増強することが目的で、システムをより保護するためにハックする技術は知識として必要であるという結論に達した。

ただし、イギリス政府当局は密接にコースと学生をモニターし、すべての応募者が授業を始める前に内務省による慎重な精査を受けることになる。
また、刑事上の過去をもっている応募者はコースに認められない。 されに、卒業生は、将来、彼らが犯罪に走らないことを確実にするためにモニターされる。

コンピューティングと創造技術学校(School of computing and creative technologies)の代表でコースリーダーのLachlan McKinnon教授は、反対の考えで、このコースに関する自然な心配を述べ、「私たちは、彼らが倫理的なハッカーになって欲しいと思うので、密接に学生をモニターします。」と誓った。 しかし、彼は、保証を全く申し出ないで、コンピュータを安全にすることができる唯一の確かな方法は、それらのプラグを抜くことであると言い足した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告