2006年06月20日

「倫理的なハッキング」を教授する高等教育コースが認可さらた。

イギリスで初の政府に認可された「倫理的なハッキング」を教授する高等教育コースとしてハッキング学部がスコットランドのDundeeにあるUniversity of Abertayで9月に開始されると報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具ので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

このコースを卒業すると、セキュリティに関してアドバイスしていて「倫理的なハッキング」のアートとして、抜け目のないコンピューティングと創造的な技術の専門家として働くと予想されている。

ITセキュリティの問題は、より多くの圧搾物になっていたが、イギリスでの最近の情報機密保護違反に関する研究では、ITセキュリティに対処するイギリスの会社の12%だけが正式なセキュリティ資格があることが報告され、新しいコースではとくに、訓練されたセキュリティ専門家の数を増強することが目的で、システムをより保護するためにハックする技術は知識として必要であるという結論に達した。

ただし、イギリス政府当局は密接にコースと学生をモニターし、すべての応募者が授業を始める前に内務省による慎重な精査を受けることになる。
また、刑事上の過去をもっている応募者はコースに認められない。 されに、卒業生は、将来、彼らが犯罪に走らないことを確実にするためにモニターされる。

コンピューティングと創造技術学校(School of computing and creative technologies)の代表でコースリーダーのLachlan McKinnon教授は、反対の考えで、このコースに関する自然な心配を述べ、「私たちは、彼らが倫理的なハッカーになって欲しいと思うので、密接に学生をモニターします。」と誓った。 しかし、彼は、保証を全く申し出ないで、コンピュータを安全にすることができる唯一の確かな方法は、それらのプラグを抜くことであると言い足した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト