gaYa広告

2006年06月20日

Telecommunications Act of 1996を作り直す。

The Nationは、米国のTelecommunications Act of 1996から10年後、それはデジタル技術が急速に米国の国内通信網を造り直すことになる。そこでThe Nationは2006年7月3日に発行する号のためにJeffrey Chesterが書いたコメントを公開し、新しいテレコム条例(Telecom Act)では、主要な部分を書き直す法案を可決するために、どんなメディアにも議会と共に改革議題があるとして、10の課題を紹介した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

それは、インタラクティブで仮想のコンテンツが急流で、伝統的で、そして、ニューメディアの最も強力な企業から多くを提供されるモバイルPC機器、デジタルTV、および常時接続で個人化された個人化され今まで作成された中で最も強力なメディア環境が常時利用できるようになる。

そして次の数年は、ちょうどデジタル・メディア民主主義社会を構築し、それを助ける広大な可能性を秘め、現在オンラインで経験することに関する約束が実現する保障が重要になる。

1) media ownership(メディア所有権)
2) mergers(合併)
3) network neutrality(ネットワーク中立)
4) spectrum management(通信帯域管理)
5) community broadband(共同体ブロードバンド)
6) privacy(プライバシー)
7) intellectual property(知的所有権)
8) universal service(ユニバーサル・サービス)
9) diverse content(多くのコンテンツ)
10) minority ownership(少数民族所有)

米国は情報通信環境の大きな転換点にきている。
10年前には、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ以外で情報を得ていた人は、10人に1人も居なかった。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト