on-the-time.jp

2006年06月20日

Telecommunications Act of 1996を作り直す。

The Nationは、米国のTelecommunications Act of 1996から10年後、それはデジタル技術が急速に米国の国内通信網を造り直すことになる。そこでThe Nationは2006年7月3日に発行する号のためにJeffrey Chesterが書いたコメントを公開し、新しいテレコム条例(Telecom Act)では、主要な部分を書き直す法案を可決するために、どんなメディアにも議会と共に改革議題があるとして、10の課題を紹介した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

それは、インタラクティブで仮想のコンテンツが急流で、伝統的で、そして、ニューメディアの最も強力な企業から多くを提供されるモバイルPC機器、デジタルTV、および常時接続で個人化された個人化され今まで作成された中で最も強力なメディア環境が常時利用できるようになる。

そして次の数年は、ちょうどデジタル・メディア民主主義社会を構築し、それを助ける広大な可能性を秘め、現在オンラインで経験することに関する約束が実現する保障が重要になる。

1) media ownership(メディア所有権)
2) mergers(合併)
3) network neutrality(ネットワーク中立)
4) spectrum management(通信帯域管理)
5) community broadband(共同体ブロードバンド)
6) privacy(プライバシー)
7) intellectual property(知的所有権)
8) universal service(ユニバーサル・サービス)
9) diverse content(多くのコンテンツ)
10) minority ownership(少数民族所有)

米国は情報通信環境の大きな転換点にきている。
10年前には、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ以外で情報を得ていた人は、10人に1人も居なかった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト