gaYa広告

2006年06月20日

「The Death of News」を公開した。

The Nationは、2006年7月3日に発行する号のためにMark Crispin Millerが書いた「The Death of News」を公開した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

米国プレスは現在までこれほど悪いことが無かったといい、どんな真剣なレポーターからもすべてが順調であると報告し、それらから快活なクレームをめったに聞かなくなってしまった。
1996年のメディアカルテルで、The Nationが政府からのが干渉を受けたとき、重要報告者の自己検閲などが話題になった当時、とてもひどいとして際立って見えたことは、今日ではかなり政府に飼いならされてしまったように見えると報告している。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告