2012年06月20日

地球温暖化は、地震を引き起こすかもしれない。

Christian Science Monitorは、「Could novel technique to curb global warming also trigger earthquakes?(地球温暖化も抑制する新しい技術は、地震を誘発することができたか?)」という記事を公開し、地球温暖化と自信の因果関係を明らかにしていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

報告書は、地下造岩へ注入する二酸化炭素を見つけ、一方、潜在的、地球温暖化と戦うことを意味し、地震に結びついて、欠点に対するストレスを増加させるかもしれないと言っている。

新しい分析によれば、煙突放射からの二酸化炭素を捕らえて、それを汲むことで、地下深部は、増加する温室効果ガス・レベルに対処するための主張が示唆するほど有用なツールではないかもしれないと言っている。

数千年まで何世紀も格納されなければならない巨大な量のCO2からの増加する圧力は、地震を引き起こすことができた。

カリフォルニア州パロアルト()のスタンフォード大学地球物理学者で、今週のPNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米国科学アカデミー紀要)に現われる分析の第一著者マーク・ゾバック(Mark Zoback, a geophysicist at Stanford University in Palo Alto, Calif., and the lead author of the analysis)は、
さらに、その一方でいくつかの地下構成はよく隔離に適している。それらははるかにより少ない記憶容量を全体的に表わすことができたと言っている。

Earthquake triggering and large-scale geologic storage of carbon dioxide
1. Mark D. Zobacka,1 and
2. Steven M. Gorelickb

1.Departments of aGeophysics and
2.Environmental Earth System Science, Stanford University, Stanford, CA 94305

1.Edited by Pamela A. Matson, Stanford University, Stanford, CA, and approved May 4, 2012 (received for review March 27, 2012)

Published online before print June 18, 2012, doi: 10.1073/pnas.1202473109 PNAS June 18, 2012

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告