gaYa広告

2012年06月20日

地球温暖化は、地震を引き起こすかもしれない。

Christian Science Monitorは、「Could novel technique to curb global warming also trigger earthquakes?(地球温暖化も抑制する新しい技術は、地震を誘発することができたか?)」という記事を公開し、地球温暖化と自信の因果関係を明らかにしていると報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

報告書は、地下造岩へ注入する二酸化炭素を見つけ、一方、潜在的、地球温暖化と戦うことを意味し、地震に結びついて、欠点に対するストレスを増加させるかもしれないと言っている。

新しい分析によれば、煙突放射からの二酸化炭素を捕らえて、それを汲むことで、地下深部は、増加する温室効果ガス・レベルに対処するための主張が示唆するほど有用なツールではないかもしれないと言っている。

数千年まで何世紀も格納されなければならない巨大な量のCO2からの増加する圧力は、地震を引き起こすことができた。

カリフォルニア州パロアルト()のスタンフォード大学地球物理学者で、今週のPNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米国科学アカデミー紀要)に現われる分析の第一著者マーク・ゾバック(Mark Zoback, a geophysicist at Stanford University in Palo Alto, Calif., and the lead author of the analysis)は、
さらに、その一方でいくつかの地下構成はよく隔離に適している。それらははるかにより少ない記憶容量を全体的に表わすことができたと言っている。

Earthquake triggering and large-scale geologic storage of carbon dioxide
1. Mark D. Zobacka,1 and
2. Steven M. Gorelickb

1.Departments of aGeophysics and
2.Environmental Earth System Science, Stanford University, Stanford, CA 94305

1.Edited by Pamela A. Matson, Stanford University, Stanford, CA, and approved May 4, 2012 (received for review March 27, 2012)

Published online before print June 18, 2012, doi: 10.1073/pnas.1202473109 PNAS June 18, 2012

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。