on-the-time.jp

2012年06月20日

ネパールの密漁者から絶滅危惧種を保護する無人飛行機。

BBC Newsは、無人飛行機は今やアフガニスタンやイエメンで、ミサイル攻撃機「Drones」する殺人兵器として知られ、賛否両論で話題になっているが、ネパールの保護者はすぐに絶滅危惧種を保護する努力の一部として特別の無人飛行機「Drones」を使用し始めると報告した。

先駆的な自動操縦の航空機は、グローバルな野生生物機構「WWF」によって開発されている。

それらはインドネシアで最初に利用された。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

また、タンザニアとマレーシアを含めて、無人飛行機「Drones」を他のところに導入する話し合いが進行中である。

開発者は、無人飛行機「Drones」を安く買え、発展途上世界を横切って保護者を支援することができた、と言った。

ネパールで、サイと虎を含む絶滅危惧種は、密猟と生息地破壊の結合した影響に苦しんでいる。

無人飛行機「Drones」は、その両方に取り組むことができる。

密漁者は、しばしばネパールの国定公園の内部の動物を虐殺する。

このプロジェクトを裏から支援しているチューリッヒ大学の文化人類学研究所の生物学者サージ・ウィッヒ博士(Dr Serge Wich, a biologist with the Anthropological Institute at the University of Zurich)はBBCに、
「私たちは、これら無人飛行機が、それらが公園に入るとともに密漁者を検知するのに役立つことを望みます。」
「そのエリアで密漁者に会った場合、彼らを捕まえるためにチームを派遣できます。」と言っている。

小規模で、遠隔のコントロールされた無人飛行機「Drones」まだ洗練され続けている。

スチール・カメラとビデオ・カメラで地上を手で捜査して、あらかじめプログラムされた20km以内(12.5マイル)のルートを空から監視できる。

さらに、それらは安い。
無人飛行機「Drones」1機、約US$2,500で購入できる。

ランニングコストもまた低い。

それらは、約30分でグリッドから充電できる電池によって飛ばされる。

それは、野生生物保護のための予算として適度の傾向がある開発途上国で、保護者のために手頃にするべきであった。

サージ・ウィッヒ博士は、「人々が、まさに全体構想が低価格のためにそれらを実行できるということです。」と言い、試験飛行はたった今ネパールで成功した。

次に、トレーニングが始まる。

運用上の使用は数か月の時間でスタートできる。

ネパールにおける成功は、興味を他のところへ飛び火し、支援きました。

無人飛行機「Drones」は、オランウータンおよび他の危急種を追跡するインドネシアで、森林破壊のモニターに、既に使用された。

タンザニアと同様にマレーシアのサバ州(Malaysian state of Sabah,)でそれらを使用する交渉が進行中である。

無人飛行機「Drones」は、さらに生息地破壊のより広い問題で利用できるかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。