on-the-time.jp

2012年06月20日

米国の政府、ティランノサウルス「Bataar」を差し押さえた!

BBC Newsは、モンゴルのコビ砂漠で発見された100万歳の「ティランノサウルス・バタール(T-Bataar/Tyrannosaurus Bataar)」は、米国国土安全保障省(US Department of Homeland Security)によって差し押さえることになったと報告した。

ニューヨーク裁判所(New York court )は、オークション会社にモンゴルで約7年前に発見された化石をやむを得ず返す令状を出した。

恐竜は先月、ニューヨークの遺産オークション(Heritage Auctions)によってUS$100万以上で売られた。

しかし、裁判所は、それが2010年にイギリス人によって米国へ不法に輸入されたと言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

ティランノサウルス「Bataar」は、既知のティラノサウルス・レックスのアジアのいとこで、クイーンズで美術不動産会社によって現在保持されている。

1924年以来、モンゴルは、化石を保護する法律を制定した。

それらは状態の特性と宣言された。
また、輸出が禁止されている。

モンゴルの政府は5月のオークションに反対した。
しかし、その命令にもかかわらず、販売は進められた。

ディーラーのスポークスマンは、骨格が「誠実」の中で得られ、それが条件付きで売られ、裁判判決に従い、まだ保存庫に保持してあった、と言った。

遺産オークションの共同創立者ジェフ・ハルパリン(Co-founder of Heritage Auctions Jeff Halperin)は、
「私たちは、古生物学者の調査プロセスで迅速に骨格を検討するように協力しました。また、私たちは権威と協力し続けるでしょう。」と言った。

収集者は骨格を、最初に南イングランドの倉庫の中で維持し、ドーセットへのその道を見つけた。

その後、それは、いわゆる「T. Bataar」がイギリスで発掘され、US$15,000の価値があったという誤ったクレームの下の米国へ輸送された。

訴訟によれば、有史以前の骨格は2010年3月にフロリダ州ゲインズヴィル(Gainesville Florida)に着いた。

ティランノサウルス「Bataar」は、最初にソ連に支援された考古学の遠征によって、1946年にゴビ砂漠砂漠で発見された。

2012-05-21---論争の中で、ティランノサウルス恐竜骨格化石が売れた!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト