2012年06月20日

NASAの宇宙船は、月火口の氷含有量を明らかにした。

この氷を溶かして、人は飲めるのか?

NASAは、LRO(Lunar Reconnaissance Orbiter/月偵察オービター)宇宙船は、月の南極にある火口で氷が表面物質の22%も占めるかもしれないことを示すデータを返したと報告した。

LROのレーザー高度計からのレーザー光線を使用するNASAと大学の科学者チームは、シャックルトン・クレーター(Shackleton crater)の床を検査した。

クレーターの床が、他の近くのクレーターのものより明るいことを知り、それは少量の氷の存在と一致していた。

この情報は、研究者が噴火口形成を理解し、かつ月の他の未知のエリアを研究するのを助けることになる。

調査結果は、イギリスの科学雑誌「ネイチャー誌(journal Nature)」の2012年06月21日木曜版で公表された。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

Constraints on the volatile distribution within Shackleton crater at the lunar south pole

* Maria T. Zuber,1
* James W. Head,2
* David E. Smith,1
* Gregory A. Neumann,3
* Erwan Mazarico,1
* Mark H. Torrence,4
* Oded Aharonson,5
* Alexander R. Tye,2
* Caleb I. Fassett,2
* Margaret A. Rosenburg5
* & H. Jay Melosh6

Journal name:Nature
Volume:486,
Pages:378–381
Date published:(21 June 2012)
DOI: doi:10.1038/nature11216

Received: 23 December 2011
Accepted: 04 May 2012
Published online: 20 June 2012

論文上の共同執筆者であるメリーランド州グリーンベルトのNASAゴダード宇宙飛行センターのグレゴリー・ノイマン(Gregory Neumann of NASA's Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Md.)が、
「明るさ測定は、2つの前夏の後に、私たちを当惑させています。」
「明るさの分配はまさに私たちが期待したものではありませんでしたが、実際に、月の上の宇宙的に寒い庫内温度を与えられたその極の火口で、氷および他の揮発性物質と関係するすべての測定は驚くべきです。」と言っている。

宇宙船は、クレーターの内部を照らし、かつそのアルベドか自然な反射率を測定するためにレーザーを使用して、先例がない詳細を備えたシャックルトンの火口を写像した。

レーザー光線は、その波長で、は1ミクロンぐらい匹敵する深さを測定した。

それは、それは、100万分の1mまたは1万分の1インチ未満を表した。
これはもの凄いことである。

また、月の表面から立ち直るためにかかった時間に基づくクレーターの地形を作図化するために、チームはレーザー光が器具を使った。

それが長いほど、土地の高さは低い。

氷の可能な証拠に加えて、グループのシャックルトンの地図は、30億年以上前にその構成以来比較的無傷のままだった、著しく保存されていた火口を明らかにした。

火口の床は、いくつかの小さな火口でそれ自体あばたがあった。
それはシャックルトンを作った衝突の一部として生じたかもしれない。

南極探検家アーネスト・シャックルトン(Antarctic explorer Ernest Shackleton)にちなんで命名された火口は深さ2マイルおよび幅12マイルを超える距離である。

マサチューセッツ州ケンブリッジのマサチューセッツ工科大学の捜査主任マリア・ズバー(Maria Zuber, the team's lead investigator from the Massachusetts Institute of Technology in Cambridge in Mass.)は、
「火口の内部は非常に荒れています。」
「そこでまわりに徐行するのは簡単ではありませんでした。」と言っている。

月面探査は不可能かもしれない。

口の床が比較的明るかったが、マリア・ズバーと彼女の同僚はその壁がさらに明るいと言った。

この発見は初めは当惑した。

科学者は、もし氷が火口のいかなる場所にもあれば、それが直射日光は浸透しない床にあるだろうと考えた。

シャックルトンのクレーターの上の平面は時々照らされている。
それは蓄積するあらゆる氷を蒸発させるかもしれない。

この難問について説明するためにチームによって提示された理論は、地震の揺れは地球から隕石インパクトあるいは重力潮によってもたらされた「月震(moonquakes)」が、シャックルトンの壁をより新しく、より明るい下の土を明らかにして、より古く、より暗い土からはげ落ちさせたかもしれないということであった。

マリア・ズバーのチームの極めて高い解決の地図は、火口の床および壁の両方の氷を立証する強い証拠を提供した。

マリア・ズバーのチームは、「火口の至る所での観察された明るさの多数の説明があるかもしれません。」
「例えば、氷がその床と混合されているかもしれない一方、より新しい資料はその壁に沿って露出されるかもしれません。」と言った。

LROの最初の主目的は将来の月の調査の準備をする調査を行なうことであった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。