2012年06月20日

コンパクトな青い小型銀河。

NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡(NASA/ESA Hubble Space Telescope)は、黒いベルベットの上に塩を撒いたような小型の銀河「UGC 5497」の新しい視界を捕らえたと報告した。

この物体は、新しくつくられた星の一群が吹き込まれた小さい青い小型の銀河である。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

これらのクラスタ中で発生する明るい青色星は、速く燃える星が超新星として爆発するまで、数百万年間続く全面的な青みを帯びた外観を銀河に与えている。

「UGC 5497」は、銀河M 81グループの一部と考えられる。
それは約1200万光年遠方の星座Ursa Major(大ぐま座/Great Bear)に位置している。

「UGC 5497」は、Messier 81に関連した新しい小型の銀河候補を捜していたとき、2008年に地上望遠鏡調査で発見された。

Image Credit: ESA/NASA

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト