gaYa広告

2012年06月20日

コンパクトな青い小型銀河。

NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡(NASA/ESA Hubble Space Telescope)は、黒いベルベットの上に塩を撒いたような小型の銀河「UGC 5497」の新しい視界を捕らえたと報告した。

この物体は、新しくつくられた星の一群が吹き込まれた小さい青い小型の銀河である。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

これらのクラスタ中で発生する明るい青色星は、速く燃える星が超新星として爆発するまで、数百万年間続く全面的な青みを帯びた外観を銀河に与えている。

「UGC 5497」は、銀河M 81グループの一部と考えられる。
それは約1200万光年遠方の星座Ursa Major(大ぐま座/Great Bear)に位置している。

「UGC 5497」は、Messier 81に関連した新しい小型の銀河候補を捜していたとき、2008年に地上望遠鏡調査で発見された。

Image Credit: ESA/NASA

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト