gaYa広告

2012年06月20日

コンパクトな青い小型銀河。

NASA/ESAのハッブル宇宙望遠鏡(NASA/ESA Hubble Space Telescope)は、黒いベルベットの上に塩を撒いたような小型の銀河「UGC 5497」の新しい視界を捕らえたと報告した。

この物体は、新しくつくられた星の一群が吹き込まれた小さい青い小型の銀河である。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

これらのクラスタ中で発生する明るい青色星は、速く燃える星が超新星として爆発するまで、数百万年間続く全面的な青みを帯びた外観を銀河に与えている。

「UGC 5497」は、銀河M 81グループの一部と考えられる。
それは約1200万光年遠方の星座Ursa Major(大ぐま座/Great Bear)に位置している。

「UGC 5497」は、Messier 81に関連した新しい小型の銀河候補を捜していたとき、2008年に地上望遠鏡調査で発見された。

Image Credit: ESA/NASA

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト