2012年04月21日

オリオン地上試験用乗り物、ケネディに到着。

NASAは2012年04月26日に、オリオン地上試験用乗り物( Orion Ground Test Vehicle)がNASAのケネディー宇宙センターO&C(Kennedy Space Center Operations & Checkout)設備へ2012年04月21日に到着したと報告した。

オリオン地上試験用乗り物は、コロラド州デンバー近くのロッキード・マーチンのウォータートン設備(Lockheed Martin's Waterton Facility near Denver, Colo.)で、発射と宇宙飛行環境をシミュレーションした一連の厳しい音響、法助動詞と振動テストを正常に完了し、1,800マイルを超える距離を移動した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

オリオン地上試験用乗り物は、この夏から、オリオン宇宙飛行テスト用車両の到着に備えてO&Cで開拓のオペレーションに使用される。

オリオン宇宙飛行乗り物は、ルイジアナ州ニューオーリンズでNASAのミチョード集合施設(Michoud Assembly Facility in New Orleans, La.)で現在作り上げられており、2014年にNASAのEFT-1(Exploration Flight Test/探査飛行テスト)が予定されている。

Image Credit: NASA

Google Earthでそれぞれの位置を確認すると、とんでもなく広い地域で作られていることが判る。

ケネディー宇宙センター(Kennedy Space Center)のGoogle Earthポインター情報
28°31'26.61"N,80°39'3.06"W
または、
28.524058, -80.650850

ロッキード・マーチンのウォータートン設備(Lockheed Martin's Waterton Facility near Denver, Colo.)のGoogle Earthポインター情報
39°29'48.09"N,105° 6'22.17"W
または、
39.496692, -105.106158

ルイジアナ州ニューオーリンズでNASAのミチョード集合施設(Michoud Assembly Facility in New Orleans, La.)のGoogle Earthポインター情報
30° 1'18.58"N,89°55'19.12"W
または、
30.021828, -89.921978

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告