2012年04月17日

アジアの新聞ブームは、欧米の傾向とまったく違う!

International Business Timesは、印刷新聞事業はデジタル選択と戦って、高度に発展した欧米の国々で破壊されているが、アジアの国々は実際に新聞有料購読者の中の主なブームを目撃していると報告した。

世界プレス・トレンド2011年報告書(World Press Trends 2011)は、アジアの有料購読者が成長している傾向は、2006年から2010年の間に16%増加した。

WAN-INFRA(World Association of Newspapers and News Publishers/世界新聞協会およびニュース・パブリシャ)は、インドが1億1000万、中国が1億900万および日本が5000万の有料購読者と共にそれぞれ世界で最大の新聞市場であると言った。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

組み合わせ、これらの3カ国の循環は、世界の有料購読者の割合の合計で、半分以上を占めている。

アジア360°の報告書によれば、世界の新聞販売量トップ100にランキンされた日刊新聞のうちの67はアジアであった。

これらの数は、欧米の新聞印刷循環の急激な下落に硬直した差異を表わした。

アジアでは、何百万もが貧困から上げられたように、過去30年にわたる速い経済成長は、より高い識字率に結びつき、新聞への駆動の新しい読者数を伸ばした。

さらに、インターネット範囲を制限した、無料オンライン・ニュースが、従来の予約モデルと競争するのを防いだと報告した。

そう言えば、カンボジア、ベトナム、タイなどでは食事をしていると、新聞売りが現れ、もの凄い勢いで売れていく。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。