on-the-time.jp

2012年04月21日

ウィーンの通りで、反ユダヤ関連の名称を排除!

BBC Newsは、ウィーンの最も有名な通りのうちの1つで、反ユダヤ主義であった市長(an anti-Semitic mayor)の名前が付いた通り名を取り除いたと報告した。

ウィーン中央部のリング大通りの一部は、1897年から1910年まで市長であったカール・ルーエガー(Karl Lueger)にちなんで現在命名されている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

カール・ルーエガーは、現代政治で反ユダヤ主義の父親としばしば呼ばれ、「ハンサムなカール」というカリスマ的で人気のあるリーダーで、ルーエガーは若いアドルフ・ヒトラーに対して主な影響を与えた。

通りを改名する決定は、ユダヤ人のグループおよび左翼諸派によって歓迎されたが、極右によって非難された。

彼は市長として、ウィーンのインフラストラクチャーで広範囲な改良を引き起こした。

例えば、アルプス山脈の湧水(Alpine spring water)を都市へ持って来るパイプライン・ネットワークを拡張した。
また、彼は社会福祉計画(social welfare schemes)と公共交通機関(public transport)を強くした。

しかし、彼の遺産は都市のユダヤ人の少数に対する攻撃によって曇らせた。

彼が1895年に最初に市長に選ばれた時、彼の反ユダヤのキャンペーンは非常に悪名高かったので、フランツ・ジョーゼフ皇帝(Emperor Franz Joseph)は、彼を支持することを拒絶した。

彼が結崩壊する前の2年間に、多くの圧力か掛けられた。

彼の名前を名乗るリング大通りの部分は、ヨーロッパの最大の劇場のうちの1つBurgtheater(国立劇場)およびウィーン大学の本部を含む、ウィーンで最も顕著な建物のうちのいくつかを含んでいる。

それは1934年にカール・ルーエガー博士リング(Dr Karl Lueger Ring)と命名され、都市学者の多くのための厄介なアドレスであると分かった。

数年間の討論の後、都市は、カール・ルーエガー博士リングをUniversitätsring(大学リング)に名前を変更することを決定した。

市役の役人は、名前がよくウィーンの悪い歴史を反映するので、通りの改名をとる異常なステップになると言った。

しかしウィーンの文化的事務のための議員アンドレアス・マイラルス-ポコルニー(Councillor for Cultural Affairs, Andreas Mailath-Pokorny)は、管理する社民党員グリーン連合(Social Democrat-Greens coalition)から、それらがこの場合例外とする準備ができていたと言った。

オーストリアのユダヤ人社会長オスカー・ドイチュ(Austria's Jewish Community, Oskar Deutsch)は動きを歓迎した。
彼は、それはだいぶ遅れていたと言った。

彼は、「カール・ルーエガーのような政治家による反ユダヤの口頭の刺激は、ナチ党の反ユダヤ主義への道を開きました」と言った。

オスカー・ドイチュは、それが「反ユダヤのスローガン、人種的に動機づけられたスローガンおよび外国人嫌いのスローガンを軽薄に不埓にも使用する私たちの現在の政治家への警告として役立つべきである」と言った。

しかし、世論調査で現在2位にある極右野党自由党(far-right opposition Freedom Party)は、強く決定を非難した。

リーダーのハインツ-クリスチャン・ストラッチェ(Heinz-Christian Strache)は、それらが「道路名の優れたウィーンの市長」を裸にした一方、「チェ・ゲバラのような外国の大量殺人者」の彫像をセット・アップしたことで社民党員を非難した。

彼は、「それはスキャンダルです」と言った。

リングの改名にもかかわらず、ルーエガーはウィーンの通りから姿を消さない。

カール・ルーエガー・プラッツ博士から彼の名前を取り除く計画は現在はない。中央のスクエアには、元市長の彫像によって支配されている。

もし、交換されると、古いプレートは多くの人が欲しがり、オークションで売却されるかもしれない。

カール・ルーエガー博士リング(Dr Karl Lueger Ring)のGoogle Earthポインター情報
48°12'40.73"N,16°21'40.28"E
または、
48.211314, 16.361189

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。