2012年04月21日

ウォーターゲート事件に関与するニクソンの補佐が死去した。

BBC Newsは、ウォーターゲート事件(Watergate scandal)に関与するニクソンの補佐で、その後福音の説教者になった、リチャード・ニクソン大統領(President Richard Nixon)へのアドバイザーであったチャールズ・コルソン(Charles Colson)が80歳で死去したと報告した。

彼は「ニクソンのための殺し屋(hatchet man for Mr Nixon)」として知られており、政敵の信用を傷つける役割として刑務所で7カ月収監された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

彼は「ニクソンのための殺し屋(hatchet man for Mr Nixon)」として知られており、政敵の信用を傷つける役割として刑務所で7カ月収監された。

米国には、「殺し屋の説教者」がいることを明らかにした。

その後、彼は刑務所省で始めて、刑の改革キャンペーン開始した。

3人の子どもをもつ父親であった彼は脳出血からの複雑な要因でヴァージニア州フェアファクス(Fairfax, Virginia)の病院で死去した。

チャールズ「チャック」コルソン(Charles "Chuck" Colson)は、頑固な政治的オペレーターとしての評判を持っており、子供がいなかったニクソン大統領によって彼は息子と以前評された。

彼は、リチャード・ニクソンの再選を保証するために「自分の祖母の上に歩くだろう(walk over his own grandmother)」と言って、1972年に共和党候補を圧倒的勝利で支援した。

1971年には彼が、彼の上司の主な政治的批評家および相手を指名する不名誉な「政敵リスト(enemies list)」を書いた。

ウォーターゲート事件における彼の役割は制限されていた。

しかし、ダニエル・エルズバーグ(Daniel Ellsberg)の信用を傷つける初期の努力に関係していた後、彼は司法妨害について有罪を認めた。

ペンタゴン・ペーパーズ(Pentagon Papers)として知られるようになったベトナム戦争に関する秘密公文書を漏らした。

精神病医のオフィス侵入は,エルズバーグの評判を黒くするために使用することができたドキュメントの捜索で組織した。

エルズバーグまたはウォーターゲート事件の侵入自体を組織したことで有罪判決を下されなかったが、ニクソン大統領の片腕は刑務所で7か月服役した。

彼は、ニューマンであることを主張し、彼の過去の政治的陰謀を放棄し、彼の信仰を包含する刑務所から出て来た。

たった7カ月で宗教家になったと言うことか?

チャック・コルソンは1976年に刑務所フェローシップ省(Prison Fellowship Ministries)を設立して、刑務所改革のために主要な運動家として次の35年を過ごした。

彼は、生涯で200冊以上の本を書いて、2005年にタイム誌の「アメリカで25人の最も有力な福音主義者(25 Most Influential Evangelicals in America)」のうちの1人として指名された。

その後、彼はフロリダ州ナポリ(Naples, Florida)で暮らした。
また、2000年には、州知事であったジェブ・ブッシュが、投票する権利を含む市民権を回復した。
彼は、有罪と判決された後、市民権を失っていた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告