2012年04月17日

ソフトバンク・モバイル、LTE配備契約の第2段は日本で最大!

Cellular-Newsは、エリクソン(Ericsson)は、ソフトバンク・モバイル(softbank mobile)を代表して全国の半分以上の人口をカバーする日本で最大のLTE契約を勝ち取って、ネットワークを建造するだろう、と言ったと報告した。

エリクソン・ネットワークは、地方の完全なデータおよび音声トラフィックの70%をともに占め、日本の主要都市(東京、大阪および名古屋)をカバーすると言っている。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

エリクソンは、EPC(Evolved Packet Core/発展パケット・コア)解決のシステム・インテグレーションおよび配備を含むソフトバンク・モバイルのパケット中核ネットワークを改良し、RBS 6000多重標準基地局を使用して、新しいLTE無線アクセス網を構築する。

ノキア・シーメンス・ネットワーク(Nokia Siemens Networks)は、さらにちょうど昨日、ソフトバンク・モバイルとのLTE契約を発表し、ネットワーク・オペレータの既存のHSPA+ネットワークをさらに改良する。

ソフトバンク・モバイルは秋にそのLTEサービスを始める計画である。
中国のTD-LTE規格で構築すると言っていたが?

GSMA Communicationsは2009年11月19日に、香港で開催しているGSMAモバイルアジア議会(GSMA Mobile Asia Congress Show)でソフトバンクのCEO(最高経営責任者)孫正義(Masayoshi Son)が、モバイル・ネットワークだけでは将来の徹底したデータ・デバイスを支えることができないので、「Wi-Fi日本上陸作戦」を宣言し、議会で注目されたと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告