2012年04月21日

天才か?詐欺か?「ストック・ロボット」でUS$120万の不正行為!

BBC Newsは、イギリスの双子の兄弟は、ロボットで、幽霊株を操ってUS$120万を詐取したとして。米国で民事上の容疑を科されたと報告した。

北タインサイドのホイットリー・ベイ(Whitley Bay, North Tyneside)に住むアレグサンダー・ハンター(Alexander Hunter)およびトマス・ハンター(Thomas Hunter)の双子の兄弟は、16歳のときに、「マール(Marl)」と言うロボットのスキームを2007年に考案したと米国当局が言っている。

証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)は、実際に双子に高額の料金を会社で支払って取られたと言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

申し立てによると、米国で、75,000人の投資者がハンターのわなに掛けられた。

2011年11月に、ニューカースル刑事裁判所(Newcastle Crown Court)は、彼が無秩序な金融助言を与えることを認めた後、ほぼUS$100万を払うようにアレグサンダー・ハンターに命じた。

また、彼は12カ月の実刑判決を与えられた。

金曜日にニューヨーク連邦裁判所(New York federal court)でファイルされた起訴状によれば、投資者はマールのをリストするニュースレターにUS$47を払った、また「ホーム・バージョン」用のソフトウェアがUS$97であった。

米国法廷ドキュメントによれば、双子は、ニュースレターおよびソフトウェア・プログラムに現われるために払った会社からさらにUS$190万を集めた。

証券取引委員会によって挙げられた1つの例で「マール」は、US$1.06ドルまでそれを運転して、1年後に69セントまで、その後再びその株価を2倍にして、UOMOメディアと呼ばれる音楽出版社のために2008年にストックを取った。

しかし、実際には、UOMOが2010年9月以来ずっと1ペニー以上を交換していなかった。

双子は、その価格が200-400%ずつ高く飛ぶ寸前だった割安銘柄を「マール」が検知する実績を持っていると主張した。

これが本当なら、もの凄いが、そんなのがあるはずがない。

しかし、金の亡者は信じた!

「マール」の名称は、その偽の創造者、マイケル・コーエン(Michael Cohen)およびカール・ウィリアムソン(Carl Williamson)の名前の想像上のコンビネーションであった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告