2012年04月21日

天才か?詐欺か?「ストック・ロボット」でUS$120万の不正行為!

BBC Newsは、イギリスの双子の兄弟は、ロボットで、幽霊株を操ってUS$120万を詐取したとして。米国で民事上の容疑を科されたと報告した。

北タインサイドのホイットリー・ベイ(Whitley Bay, North Tyneside)に住むアレグサンダー・ハンター(Alexander Hunter)およびトマス・ハンター(Thomas Hunter)の双子の兄弟は、16歳のときに、「マール(Marl)」と言うロボットのスキームを2007年に考案したと米国当局が言っている。

証券取引委員会(Securities and Exchange Commission)は、実際に双子に高額の料金を会社で支払って取られたと言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

申し立てによると、米国で、75,000人の投資者がハンターのわなに掛けられた。

2011年11月に、ニューカースル刑事裁判所(Newcastle Crown Court)は、彼が無秩序な金融助言を与えることを認めた後、ほぼUS$100万を払うようにアレグサンダー・ハンターに命じた。

また、彼は12カ月の実刑判決を与えられた。

金曜日にニューヨーク連邦裁判所(New York federal court)でファイルされた起訴状によれば、投資者はマールのをリストするニュースレターにUS$47を払った、また「ホーム・バージョン」用のソフトウェアがUS$97であった。

米国法廷ドキュメントによれば、双子は、ニュースレターおよびソフトウェア・プログラムに現われるために払った会社からさらにUS$190万を集めた。

証券取引委員会によって挙げられた1つの例で「マール」は、US$1.06ドルまでそれを運転して、1年後に69セントまで、その後再びその株価を2倍にして、UOMOメディアと呼ばれる音楽出版社のために2008年にストックを取った。

しかし、実際には、UOMOが2010年9月以来ずっと1ペニー以上を交換していなかった。

双子は、その価格が200-400%ずつ高く飛ぶ寸前だった割安銘柄を「マール」が検知する実績を持っていると主張した。

これが本当なら、もの凄いが、そんなのがあるはずがない。

しかし、金の亡者は信じた!

「マール」の名称は、その偽の創造者、マイケル・コーエン(Michael Cohen)およびカール・ウィリアムソン(Carl Williamson)の名前の想像上のコンビネーションであった。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト