on-the-time.jp

2012年04月17日

白鳥は、どれほど危険な動物か。

BBC Newsは、人が白鳥に攻撃され、溺れて死んだと報告した。

白鳥はカヤックに乗っている男を襲い、その男が泳いで海岸に向かおうとしたが、さらに襲われて溺れ死んだ。

優雅な白い鳥はどれくらい危険かを証明した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

37歳のアンソニー・ヘンスリー(Anthony Hensley)は、イリノイ州クック(Cook County, Illinois)でガチョウを財産から遠ざけるために白鳥を提供した会社で働いていた。

土曜の朝に、2人の父親である彼は、シカゴの郊外デスプレインズにある居住用総合ビルの池の全域でカヤックを使って鳥の世話をしていた。

死亡事故を調べているクック郡保安官トム・ダーツ(Cook County Sheriff Tom Dart)は、白鳥の一羽が彼のボートを襲ってひっくり返した。

アンソニー・ヘンスリーは、海岸へ泳ごうとした。

しかし、目撃者は、白鳥が活動的に彼を妨害したように見えたと保安官の調査者に伝えた。

保安官トム・ダーツは、
「私は、彼の頭を引っ掻いているのを見つけました。」と言っている。

鳥類学者によれば、巣を防御する場合、白鳥の積極的な反応はコブハクチョウ(mute swan)種が、典型的であった。

オクスフォードの鳥類学者で、白鳥監視員クリス・ペラン(Chris Perrins, Her Majesty's Swan Warden and a retired Oxford ornithologist)は、
「それは推測上オスの白鳥です。また、それは推測上ペアで、また、春の間に巣をセット・アップした。」と言った。

「それはその領域を防御するでしょう。」
オスは特に春の巣ごもり期に巣を防御して4月から6月に猛烈になる。

イリノイ州クック(Cook County, Illinois)のGoogle Earthポインター情報
41°44'15.57"N,87°41'51.19"W
または、
41.737658, -87.697553

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告