gaYa広告

2012年04月17日

ハッブル22周年記念画像は混乱した星を作る領域。

NASAは、ハッブル22周年記念画像(Hubble's 22nd Anniversary Image)は混乱した星を作る領域に指定したと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

そこは、数百万の若い星が、タランチュラ星雲の中心にある、星を生ずる複合体「30のDoradus」の中で雑然とした星の繁殖地の新しいNASAハッブル宇宙望遠鏡(NASA Hubble Space Telescope)画像の中で注意を求めて競っている。

新しい画像は、ハッブルの写真から今まで組み立てられた最大のモザイクのうちの1つを含み、ハッブルのワイド組立カメラ3と掃天観測用高性能カメラ(Wide Field Camera 3 and Advanced Camera for Surveys)によって得られた観察を含んでいる。

NASAとSTScI(Space Telescope Science Instituteボルティモアの宇宙望遠鏡科学研究所)は2012年04月17日に、ハッブルの22周年記念の祝賀で画像をリリースした。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。